MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[701] [700] [699] [698] [697] [696] [695] [694] [693] [692] [691]

ニールパーチェスサーフボードの「シュナブ」のEPSバージョンを試乗用にお借りしました。フォームはEPSですが、シェイプ終了後に表面にコーティングを施し通常のサーフボードと同じポリエチレンレジンとガラスクロスでラミネートするテクノロジーで作られています。

アブストラクトのカラーリングで見えませんがストリンガーレスです。そのためデッキ面を下にしてボトムを押すとかなりのフレックスを感じます。

シュナブはニール・パーチェス・ジュニアが開発した新しいフィンシステムが特長です。ニール・パーチェス・ジュニア自身の大きくパワフルなサーフィンを実現させるために考案されたサーフボードです。トライフィンよりも若干前方よりにセットされたフィンBOXには大きめのセンターフィンが取り付けられます。このセンターフィンによってスピードのロスを最低限に減らしたターンが可能になり、カットバック時などのスピードとレスポンスにストークさせられるサーフボードです。

フィッシュは横に走るのは速くて気持ちいいけどツィンのターンの切り替えしが物足りなくて…というサーファーにはぴったりのボードになると思います。


…などと書きましたが全て受け売りです。すいません。モールドのシュナブも乗りたいのですがなんせ波が無い。でもこのEPSのフレックスはかなりユニークだと思います。EPS+ポリレジンは通常のウレタンフォームを使うよりも格段に手間がかかる製造工程(EPSはポリレジンでそのままラミネートすると溶けます)ですが、ウレタンフォームのサーフボードよりも抑えた価格になっているのはこの製法に高い技術とノウハウの蓄積を持っている製造メーカーの心意気です。

しかしこの波無しにはさすがに参り気味…。

EPSのシュナブは間もなく完成してくるものが数本あります。上がりがあるときじゃないと手に入らないEPSなので興味がある方は急いでお問い合わせください。

”試乗”しなくちゃいけないボードだらけになってきたな(笑)


ホームページ クリステンソンのCCスライダーの画像を追加しました。ボードブログのリンクも増やしましたのでチェックしてみてください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
始めまして。
シュナブは、そんなに手間ひま掛かって製造され、軽く柔らかく仕上がっているのですね?

シュナブボードサイズを教えて下さい。
gf 2009/07/03(Fri)19:03:17 [編集]
無題
現在のシュナブのボードスペック教えて下さい。
gf 2009/07/04(Sat)16:40:00 [編集]
無題
お返事遅くなってすいません。

代表的なサイズとしまして、6.0のモールドのサイズです。
6’0 x 19”3/4 x 2”1/2
ノーズ:15” テール:14”です。

厚みや幅のサイズのカスタムも可能です。詳しくはメールお願いします。

よろしくお願いします。

menehune 2009/07/04(Sat)17:40:55 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!