MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[706] [705] [704] [703] [702] [701] [700] [699] [698] [697] [696]
中学2年からアコースティックギターを弾き始め、アリスのジャンジャカ系から入って高校を卒業するころにはかなり弾けるようになっていた(と思う)

ベースギターも中学2年ごろからいじり始めた。最初のベースは兄貴のお下がりのGRECOのエンジ色のSGベース。弦が金属じゃなくてナイロンの黒いやつ。CREAMのジャック・ブルースである。中学のときはドラムスがみつからず、ギターを弾いていたやつとジャカジャカ、ブンブン良く解らないがなんだか楽しくやっていたような気がする。

高校に入るとクラプトンのコピーバンドがベースを探しているという話を聞いて、二つ返事で引き受け本格的にバンド活動開始。ギターのヤツと仲が良かったのだが、セミアコを愛用していたこいつが天才的。文化祭みたいなときは教室で練習ができたのだけれど、外で聞いていたヤツがレコードかと思った…というくらい。渡辺香津美だって完璧引いていたからいま考えてもかなりのものだったに違いない。彼は今どこに…?

初めてかったベースはフェンダーのジャズベース。良く覚えていないが楽器やじゃなくて質流れ屋みたいな店のショーウィンドウで一目ぼれして買った。高校生でもなんとか買える値段だった(確か6万円)

サンバーストのボディは演奏するときに肘を乗せるところの塗装が剥げ落ちて、ヘッドにはタバコの焦げ跡(判る人は判るはずです。クラプトンのストラトのヘッドみたいに…)がついた高校生には渋すぎるジャズベース。音がとてもキレイで弾きやすかった。このベース、さっき少しネットで調べてみたら、金色のロゴカラーに黒い縁取りの1970年まで使われていたトランジションロゴというらしい。ブリッジもスパイラルブリッジというブリッジでどうやらかなりヴィンテージらしい。ジャコの真似をしてフレットレスにしちゃいましたが、まだ持っているのであとで引っ張り出してみようっと。(トランジションには縁があるみたいですな)ライブやったときにPA屋のオヤジ(に当時は見えた)に、そのベース売ってくれ!などと言われていたので実は貴重なベースなのかもしれない。


なんで急にこんな話になったかというと、清志朗さんのニュースを聞いたから。その頃友達のバンドがRCのコピーをやってて、いつも大盛り上がりだった。大好きRC。

清志朗さん!頑張って必ずまた歌声を聴かせてちょうだい!

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
RC大好きです。
人生初ライヴが幼稚園のときに観たRC。母親がきちんと僕の分のチケットをとってくれて一緒にみました。
初めて自分で買ったアルバムは小学生の時、LP「カバーズ」。隣町まで自転車で買いに行った記憶があります。

決して悲観的なところをみせず、いつでも前向きなロッカー清志郎。
また是非歌声を響かせて欲しいです。
dann 2008/07/14(Mon)16:14:25 [編集]
無題
そいつはすごいや~いい母ちゃんだ~。
清志朗~みんな応援しとるばーい。
menehune 2008/07/14(Mon)17:56:51 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!