忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
4 7
14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

せかいはちょっと大きすぎましたが、少しずつひろがりつつあります。プリモの8’4”です。ロングボードに乗っている人(もしくは興味がある人)にぜひ乗ってみて欲しいモデルです。

FLAT +Dのログは個人的にはとても好きなのですが、あまりたくさんの人のシンパシーは得られないモデルです。マニアックなんです(好きな人はものすごく好きだと思います)

でも、8’4”のプリモはそんな感じじゃありません。初心者からベテランさんまで、乗っていただいている人からはもれなく高い評価をいただいています。

ロッカーのせいか、正しいパドルポジションにムネを乗せないとテイクオフは遅くなります。パドルのスウィートスポットが若干狭いというのがただひとつのクセですが、逆にそこにきちんと乗れていれば滑り出しはとても速いです。

それ以外は、何も問題はありません。よく走って、シングルとは思えない反応をしてくれます。活さんマジックです。

ロングボードだからといって、コンペティションでなければ9フィートにこだわる必要はぜんぜんありません。楽しめる方がいいに決まってます。

自分でも多いにお気に入りです。小波からオーバヘッドまで持ち出せます。

グラスオンのフィンは自信の証 笑。フィンBOXにはフィンのベストな位置をマーキングしてお渡ししてます。


私はシングルではなくて、サイドフィン付き派という方もご心配なく。TIKIモデルがあります(こちらは活さん自身のお気に入り)

TIKI 8’4”はサイドフィン付きです。







PR

新しいログの色を何色にしようかなあ~と考えていたら、いつのまにかとっぷりと日が暮れてしまいました。そもそもはホビーサーフボードのイースターボードを真似して、水色のピグメントに白のDフィンをグラスオンしようと考えていたのですが、こうやって形が見えてくると浮気心がムラムラ、ムンムンです。



フィンが白なので、エンドレスサマーでロバート・オーガストが乗っていたジェイコブスオマージュで、真っ白のピグメントもかっこよさそうです。でも真っ白だと、ちとシンプル過ぎるので、ブラックのストライプを斜めに入れたらクラシックだな…などとムラムラしております。

仕上げもいつものようにピカピカの仕上げではなく、つや消しのサンディンググロスも渋いかなあと、そっちのほうでもいろいろと楽しい限りです。

ちなみにつや消しのサンディンググロスというのは、同じつや消しでもサンディング仕上げとは違って、サンディングしたあとにピカピカの仕上げと同じようにトップコートの仕上げの樹脂を塗っていますが、ピカピカにはせずにその一歩手前で止めるつやを抑えた仕上げです。

光り過ぎず、かといってサンディングよりもキメが細かく仕上がります。つやの有無でも色が違って見えてくるので、多いに悩ませてくれる部分でもあります。

しばらくはアタマの中であれやこれやと塗り絵が楽しめそうです。

Colour by numbers, 1983, Culture Club







新しい私のロングボード、ゆっくりと出来つつあります。アウトラインを切って、これから形になっていきます。

ちょっとだけサイズのバランスを変えていただきましたが、ノーズは広すぎず、狭すぎず。良い感じで、面白そうなアウトラインだと思います。ちょっとPIGっぽく見えないこともありませんが、特に意識はしていません。大事なのはロッカー、そしてボトムとレールの形。

これもフラットなロッカーです。そのフラットさと、Dフィンとの組み合わせに面白さを感じています。Dフィン、難しいと思い込んでいる方が多いのかもしれませんが、FLAT + Dはなかなかラディカルです、というのは以前書いたとおりです(FLAT + Dで検索してみてください)。

レールは50/50~40/60で、ボリュームをある程度持たせた丸くてエッジが無いソフトレール。ボトムはゆるーいロールボトム(ノーズコンケーブは無しです)。この辺は先行の二本と同じです。

納戸色(青いやつです)のログと似ています。違いは重量。納戸色より、1キロほど軽くなる予定です。それからフィン。同じDフィンですが、よりピヴォットを意識した形にしてみました。

どんな感じになるのか楽しみです。


自分の好きな形ばかりに勝手に作っていますが、クラシック系のロングボードは、B52というモデルが基本です。もともとノーズライダータイプだったのが、個人的な趣味でそこからちょっとエスカレートしてます 笑。

ロングボードはシングルフィン、サイドフィン付き、いろいろなタイプ作れますので、「ロングはみんなDフィンなんだ」と思わず、お気軽にご相談ください。


そして、これも出来上がりました。BONITAフィッシュです。濃いめの赤のティントにしてみました。これも私のです。どうもすいません。

このロゴマークが好きです。

気持ちよく滑ってくれそうで、早く乗りたいです。


カツカワミナミサーフボード、オーダー承り中です。お気軽にご相談ください。






ログの重厚なグライドと、プリモのスムースで気持ちがいいグライド。それぞれの代えがたい感触は、乗り手を最高にストークさせてくれます。

9’6” ログ


8’4” PRIMO


それで、ふと思いました。この二つをくっつけたら、さぞかし気持ちよく滑ってくれるサーフボードができるんじゃないかと。

ログの浮力と重量。プリモのコンケーブボトムとレール。

この2つを足して、2で割ったら…と考えて、すぐに考えを改めました。割らずに足しっぱなしにすることにいたしましょう 笑。


それで、これと同じブランクスをお願いしてきました。

フラットなロッカーと高密度発泡のフォーム、ストリンガーは太めのレッドシダー、上の納戸色のログのブランクスです。

昨日のブログで、次のロングボードのアウトラインをご紹介したばかりですが、次は同じフォームでグライダー行きます。

レングスは本家グライダーより短め、9’9”か9’8”。ポイントノーズでラウンドピンテール。ボトムはプリモのトライプレーンコンボボトムですが、コンケーブは浅く。そしてラミネートを重く。

外観は、レッドシダーストリンガーにクリアのボランラミネートでシンプルにいきます。ニーパッチも忘れません。

ブランクス、今回は2本オーダーいれちゃいました。1本は自分用で、もう1本はお店用にしようと思っております。

ブランクスが届くのはたぶん年明け。来年の春のお楽しみです。

それまでは3本のログ(赤、納戸色、それと新しいやつ)と、8.4のプリモでたっぷり楽しんでおこうと思います。

ストックのブギー、もうすぐ出来上がります。今度はこんな色でラミネートしております。



蝶結びができるようになったUさんオーダーの8.4プリモも完成しとります。どうぞご期待ください。楽しいボードです。






お知らせ:来週はお休みいただいてまた長崎へ帰る予定です。9月25日~9月28日はお休みいたします。よろしくお願いします。

私の新しいロングボード。アウトラインを引いていただきました。


最初に作ったこのログを、アウトラインのベースにしています。


そもそもロッカーはおおきく違うのですが、よく見てみてもアウトラインはどこか違うの?という感じです。たぶんいまの段階で見ただけでは分からないと思います。

違いはノーズの幅です。新しいボードはノーズ幅を1/2インチ狭くしました。

1/2インチは、12.7㎜。ボードの両側ですのでさらに1/2して、6.35㎜ずつノーズ幅が狭くなっています。

センターの最大幅は23インチ。ここは同じです。

たった6ミリの違い?と思われると思います。私もそう思います。

でも違うんですよ、これが 笑。

最近よく登場する、納戸色(青です)のDフィンのログ。センター幅は23インチより1/2インチだけ細くして22”1/2ですが、これだけで細く感じます。初めて海に浮かべ、ボードの上に腹ばいになってパドルを始めたとき、細っ!と思いましたもん。

で、ノーズ幅だけを12.7㎜細くするとどうなるか。

サーフボードのアウトラインを書くときにはテンプレットと呼ばれる大きな定規を使います。たった12.7÷2 ㎜でも、長いロングボードの大きなテンプレットですからラインが通る位置に結構な差が出てきます。

ノーズが細くなった分、23インチのセンター部分へアウトラインが自然な曲線でつながる位置はより遠くへ、つまり後ろへと移動するので、アウトラインのバランスは後方へ移動することになります。

新しいロングボードは、フラット、Dフィン、ピボットターンを意識していると以前書いたのを覚えてますか?

出来上がって実際に波を滑ったときに、12.7㎜の小さな違いが、それら意識していることにつながるんじゃないかと期待しております。


それからイメージが先行してしまっている、7フィート代のシングルフィン(下のブログです)。

左側のテンプレットがイメージに近いです。右はもっとクラシックなシングルフィンですね。これは、もうちょいイメージを寝かせてからです。

サーフボードって、想像的で創造的だと思います。面白くってたまりません。


実は考えていることがもうひとつあるのですが、それはまた明日。











忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!