忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
5
9 12
17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

波はヒザ・コシ。たまに台風からのうねりと思われるセットが小さめながら入ってきます。

ボードはプリモの8.4。


コンディション的には、ログが良いかと考えましたが、今日は軽めの板に乗りたかったのでこれにしました。

サイズがあるときに持ち出すと最高に楽しいボードですが、こういう小波もかなり楽しめます。テイクオフはロングボードです。小さくてもトロくても全然問題なく走りだします。

エッジが効いているレールとコンケーブのボトムの感触は、ログの丸いボトムとレールとはかなり違います。

直進性があってひたすら滑らか。VEEは入っていませんが、動きは軽いです。ログの重厚な反応と違って、同じ身体の使い方で軽く反応してくれるのがかなり気持ちがいい。

調子はサイコウなのですがこのプリモ、調子が良いという表現よりも、滑っていて気持ちがいい板、という表現が一番ぴったりきます。

シングルフィンのログに乗っている方には、絶対に一本持っていて欲しいボードです。かなり気持ち良く楽しめます。

プリモはシングルフィンですが、私はサイドフィン派ですという方には、TIKIという同じ8.4のモデルがあります。

プリモとTIKI、乗らない理由はありません。

明日は9.6のログで行ってみようと思います。

トランクスの人もいますが、私はクラゲよけに2/1ミリのロンスプ。暑くなく寒くなく、いまの季節くらいにちょうどいいです。

ロンスプなので腕は無事でしたが、足いっぱい刺されました。クラゲたくさんいます。


AXXE CLASSICのロングチェストジップが出来上がりました。私のです。店のサンプルを兼ねて作ってもらいました。プレミアムゴールドラバー、柔らかいです。


早速着てみましたが、やっぱり脱ぎ着はかなり簡単。腕と胸回りに余裕があって、胸のジッパーにはほとんどストレスは無いので、動きやすいです。

冬が楽しみです。

チェストジップの隣に写っているのは、初代ネックインスーツです。2012年に作って、一番使ったスーツですが、お尻のあたりからなんとなーく冷たいのが入ってくるのを感じる他は全然まだまだ現役で暖かく使えます。お尻の浸水は、リペアするか、毎年冬にお勧めしている、エアスキンインナーを着ると感じなくなります。

一般ユーザーだったら、そうやってまだ使えます。値段は張りますが、そのくらいの期間は使えるスーツです。

キャンペーンは終わりましたが、オーダー料なしでお作りします。動きやすくて暖かいウェットをお探しの方はぜひ。

動きやすくて、暖かなウエットをお探しの方はこちらもイチオシです。ZEROのエアドーム。


シンプルな作りですが、防水性は高く、動きやすくて暖かいウェットです。これも自分のは丸々三年着てますが、まだまだ全然現役。ZEROも長持ちしますよ。


今日、久しぶりの波乗りでした。ブログを見てみれば、前回やったのは、7月6日。二か月以上のブランクです。それでも、パドルも足腰もまったく平気(というか絶好調 笑)なのは、普段のトレーニングが効いている証拠(ランニング、体幹、広背筋、そして瞑想)です。

今月末にはまたお休みをいただいて、長崎の実家へ行ってきます。7月よりはいろいろと落ち着いてきたので、波乗りもまたぼちぼち再開しようと思っています。

人生イロイロあるもんですが、波乗りは続けていくべきものだと思っております。毎度、マイペースですいませんが、まだまだお付き合いください。


最近考えているのはロングボードのこと。自分が考えて、活さんに作っていただいている、私のログ遊びに興味を持っていただいている方が結構おられるので、びっくりしております。

これまでロングに乗ったことが無い方だったりするのも嬉しいのです。

ロングボード、ご一緒に楽しめたらと思っております。

ちなみに、8フィート4インチのプリモもロングボードです。ロングは9フィート以上なんていうのは私には関係が無い世界のお話しです。

サーフィン、気持ちがいいです。楽しみましょう。





PR
美味しそうな色のボードを二本、サイトにアップしました。

ひとつは、ブギー。きれいなカスタードクリームティント。


もうひとつは、ミニモデル。ハニーオレンジティントと呼ぶことにします。


ハニーオレンジの方はカスタムボード。カスタードクリームはショップで販売しております。二本ともMENEHUNE BEACH STORE サイトからご覧ください。

和菓子シリーズもご期待ください 笑。

ハニーオレンジティント → みたらしティント でも行けるな…。







湘南某所のカツカワミナミサーフボードのシェイプルームです。目印はバナナとソテツの木。

KさんのカスタムオーダーのMINIのシェイプが出来上がっていました。


6’8”のレギュラーサイズのMINIです。シングルフィン仕様で、全体的に薄めでシャープなイメージのシェイプです。


カツさんのボードに「厚い」というイメージを持っている人も多いと思います。否定しません。70年代風のダウンレールなど、私も意図して厚いレールをシェイプしてもらうことも多々あります。

ブギーはすべからく厚くなります。薄くはいたしません。それが調子いいのですが、そんなところから「厚い」というイメージがあるのかもしれません。

それぞれ理由がある「厚さ」ということですが、このMINIはシャープ。レールにかけて薄く落とされています。オーダーいただいた方のリクエストですが、MINIはこんな感じのも良いのです。


個人的にこういう感じのMINI、好きです。これにシングルフィンでしょ 笑。

以前乗っていたMINIの感じに似ていて、これが波を滑る感じまで想像できます。絶対、面白いですよ、これ。

もちろん、もっとボリューム多めにもシェイプすることができますが、こういうところがカスタムシェイプの面白さだと思います。

MINI、やっぱりまた欲しいです。すべからくシングルフィンです 笑。


そして、今朝は暑ーいトレイル。


モズの高鳴きが聞こえる向こうには富士山と丹沢がすっきりと見えて、暑いことは暑いですが季節は変わりつつあることをしっかりと感じた朝でした。



こちらはラミネート中。BONITAフィッシュ。赤のティントが雰囲気です。ダークウッドのストリンガーを使い、ノーズにはフィッシュマークを入れました。










活さんご本人が乗るという新しいMINIモデルの試作機です。タイガーストライプのレジンワークがお見事ですが、そこは試作とは関係ありません。

MINIモデルは、活さんが日本へ戻られて国内で本格的にシェイプをスタートしたころに生まれたモデルです。人気があるモデルです。ずいぶんたくさんシェイプしてきたと思います。

そんなロングセラーのモデルにいまさら改良する余地があるのかどうかは分かりません。改良というよりはシェイプのオプションになるのかもしれませんが、活さんは自分で試してみようとMINIを新しく作ったようです。


ボトムは、ホットマンゴーと見間違えそうなコンケーブとレール。

シングルフィン仕様のMINIでプリモと同じコンケーブボトムでシェイプしたものはありますが(私も試してます)このコンケーブはそれとは違うもの。

MINIを愛用していただいている方に、新しい悩みの種が出来てしまうかもしれません 笑。


個人的な話ですが、私が気に入っていたMINIは、ずいぶん昔(2004年です)に作っていただいた、VEEが長めに入ったシングルフィンのMINIです。上のコンケーブとは逆の形状。ペコペコになるまで乗っていました。昨日、ユーズドのパパジョーのボトムを見ていて思い出しました。

こっちは、シングルフィンのMINIを愛用されている方には、新しい悩みの種になるかもしれません 笑。かなりファンなボードだったのです。



話は変わって、作っていただいた方によると、やばい板らしいです、コレ。


MINI GUNです。

ホームページのモデルのラインアップにはまだ入っていません。活さんと相談ですね。







7’2”のMINI GUNが出来上がりました。いろいろなコンディションで使えそうなシングルフィン。それにしても速そうです(MINI GUNについてはこちらをご覧ください)

ボードはもちろん素敵なのですが、今回はカラーリングに注目してください。デッキがブルーでボトムはイエロー、そしてレールがグリーンの三色使いです。でも実際に使った色は二色。ブルーとイエローです。

もう、お分かりだと思います。デッキとボトムのカラーがレールで重なり合って、三番目のカラーを作り出しています。絵具の青と黄を混ぜると、緑になるのと同じです。

樹脂が混ざっているわけじゃありません。透明感があるティントのカラーなので、重なった部分が混ぜたのと同じ発色になっています。イエローの部分をレッドにすると、レールはパープルになることでしょう。ラミネートの工程を利用した面白い着色方法です。

もちろん色を重ねないようにラミネートすることもできます。その場合は二通りのパターン、デッキとレールがブルーでボトムがイエロー、もうひとつはデッキがブルーでレールとボトムがイエローです。

意図的に色を重ねて、発色の色合いを予想して楽しむラミネートですが、不透明なオペークだと同じ色合いでも雰囲気は変わりそう(オペークの層の上にティントの層を乗せないとダメです)で、組み合わせをいろいろ考えて、予想しながらやってみるのも面白いと思います。



ボードとカラー、いつでもご相談ください。しかし、かっこいいですねコレ。




忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!