忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
3
6 8 9 10 11 12
13 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2726] [2725] [2724] [2723] [2722] [2721] [2720] [2719] [2718] [2717] [2716]
クリス・クリステンソンのロングボードのラインアップの中で、異彩を放ってちょいと目立っちゃってるのがC-HAGですが、どんなボードなのか。ご紹介してみたいと思います。

アウトラインは絞り気味のノーズにテール側にボリュームがあるPIG。テールはラウンドピンですが、このラインはグライダーっぽいなあ、といま気が付きました。この曲線がスムースな回転性を生み出しています。


ボトム。

細めのノーズですが、コンケーブはしっかりと入っています。ノーズまわりのヘコミが見えるでしょう?最初は前へ出るとふらついていましたが、これは慣れです。今は細さは感じません。

コンケーブ以降は滑らかなラウンドボトム。マニューバ、気持ちいいです。

もうひとつの特徴。ダブルステップデッキ。自然な感じにノーズとテールのボリュームが落とされて、デッキが微妙な曲線を形作っております。

このシェイプは、60年代後期、ロングボード時代の最後の方で登場してきたデザインと思われます。その年代のヴィンテージボードや映像で見られるクラシックなデザインです。

ノーズを薄くしボリュームを落とすことで、動きが軽くなります。さらにテールを薄く浮力を落とすことで沈めやすくし、PIGのアウトラインとの相乗効果でログらしいサーフィンを軽快に楽しむことができます。

レールは他の洗練されたイメージとは違い、少々野暮ったい丸くぽってりとしています。このレールの浮力の反発力がPUNCHYなPIGらしいライディングを生み出す秘密のように感じます。


最後にフィン。

BOXなのでいろいろと換えることができますが、60年代後期のデザインをイメージして、ナット・ヤングのマジックサムにも付いていたグリノウフィンを付けてみました。動き、軽いです。

フィンの位置はいろいろ試しましたが、私は写真のように前寄りが調子いいみたい。もう少しボリュームがあるレイクフィンでも良さそうです。前に出たときに安定すると思います。ボードの動きも変わって、面白いと思います。


さて、ここまで読んでいただいた方はきっとロンガーさんじゃないかと思います。C-HAG、興味持っていただけましたか?

そんな方に喜んでいただけたら幸いです。一昨日まで使っていたこのC-HAG、ユーズドボードとして販売いたします。

写真のとおり、ワックスをきれいに落としてみたらヘコミひとつありませんでした。C-HAG入荷しました!と新品として販売しちゃっても分かんないくらいです。

C-HAG気になる方、ホームページへGO!
MENEHUNE BEACH STORE

いいボードです。おしゃれだし。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
<< 2014 HOME 年末 >>
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!