忍者ブログ
MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
6 8
15 16
20 22
28 29 30
ブログ内検索
最新記事
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
52
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳を越えてしまいましたが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1948] [1947] [1946] [1945] [1944] [1943] [1942] [1941] [1940] [1939] [1938]
トランクスのヒモは海の中では気が付かないうちにほどけてしまうものですが、ほどけにくい、ほとんどほどけない…いえ、ほどけないと言い切れてしまうチョウ結びがあります。

ナルトトランクスで使っているウエストのヒモは、ヒモ屋さんも驚く金剛打ちという編み方で頑丈に編まれた丸ヒモを使っています。それだけにチョウ結びという結び方ではほどけやすくなってしまうのですが、この方法ならかなりがっちり結べます。

自分のおなかで結んでいるように写真を撮ってみました。やり方は簡単です。私でもできます。

ここまでは普通のチョウ結びと同じです。このまま締めればチョウ結びですが、ここからワンアクションを加えるとほどけないチョウ結びになります。クリックして拡大してみてください。

オレンジ色の輪の部分を水色の点線のように、結び目にもういちどくぐらせます。

結び目を通してくると、こうなります。

この状態から両側の輪になっている部分をひっぱって、いつものチョウ結びにします。

そうするとこんな結び目が二つあるチョウ結びが出来上がります。

これでもうほどけません。あらかじめヒモにワックスを軽く塗っておくとなおさらかっちりです。ほどくときは普通のチョウ結びと同じです。

ほどけやすい靴ヒモってたまにありますが、この方法で結べば自分でほどかない限りほどけません。

お試しください。

ちなみにナルトトランクスですが、夏に間に合わせるのでしたら4月中のオーダーがおすすめです。現在で納期は2か月プラスです。オーダーを考えられている方はお早めにどうぞ。

ナルトトランクスオーダーはこちら

オマケは昨晩思いつきで作った鶏モツうどん。美味しかったので作り方の備忘録です。


材料:鶏皮、鶏レバ、鶏ハツ、砂肝、鶏モモ肉、ネギ、うどん
調味料:酒、しょうゆ、みりん(合わせておきます)
お好みで七味唐辛子

フライパンに鶏皮(二人分で5~60グラム)を入れて弱火にかけます。すぐにジュージューと音を立てて鶏油が出始めます。(うどんを茹でるお湯も同時にかけます。)

鶏皮は必ず弱火でときどきかきまぜつつ、その間に他の材料を切ります。ハツは開いて中の血を取り出しておきましょう。二人分で全部で300グラムくらい(量は調節してください)ネギは1本を短めの小口切りにします。(美味しかったので2本でもいいかも)

材料を切り終わったころにはもうフライパンの中にはかなりの量の鶏油が出ていると思います。鶏油はラーメンのコク出しにも使われます。今回の旨さのヒミツがこれです。カロリーが気になる方はスプーンなどですくって量を調節してください。少しでも旨いです。

ジュージューいっている鶏油の中に他の材料を投入します。火は少し強めましょう。

同時にうどんをゆで始めます。

鶏モツに火が通ってきたら、合わせておいた酒、しょうゆ、みりんをジャッと回しいれます。うどんは茹で上がりをザルにあけ、お湯をきったらフライパンに入れてざっと馴染ませて完成です。

七味唐辛子をたっぷりかけていただきます。

酒が進むので要注意です。

鶏モツうどんでした。こちらもお試しください。

さて明日、波はどうでしょう。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
忍者ブログ [PR]
Visitor Map
Create your own visitor map!