MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
大好きなサーフムービーのひとつ。ジョージ・グリノウ、フューチャリングのクリスタル・ヴォイジャーです。

グリノウのニーボーディングが最高。これを見て私はニーボードを始めたとも言えます。ナット・ヤングのキールフィンがついたシングルフィンにも注目です。最後の20分オーバーのピンク・フロイドがまたいいのです。

これに出てくるグリノウのニーボード VELOが、サーファーズ・ジャーナルでラスタヴィッチが乗っていたエッジボードのもとになったデザインです。詳しくはこちら。

13分過ぎにスプーンの浮力の無さがよーくわかるシーンが出てきます。実際、スプーンは難しいです。グリノウさんの真似はサーフマットの方にしといた方がいいです。

ちなみに撮影は、モーニング・オブ・ジ・アースのアルバート・ファルゾンです。だからこの映像、好きなんですね、きっと。

昨日のウェットスーツのお話の続きですが、ネックインスーツの扱い方をアップデイトしました。ホームページのAXXE CLASSICのページ(ネックインフルスーツの欄)からリンクしています。四年前の記事です。


話はかわって最近気に入っているのが、朝がゆです。

身体が温まって、消化がいいので素早くエネルギーになるように感じます。朝にぴったりです。塩昆布と梅干し、糠漬けと前の晩の残りのブリ大根の大根のみ。

昨夜の雨は雪になりました。朝起きてみたら、家の周りは薄っすら雪化粧です。


丹沢も真っ白です。


明日は午前中の引き前後、東うねりで少しできるかもしれません。

新しいウェット、試してみるか…。





Jethro and Lennox from Legless TV on Vimeo.


無性にニーボードがやりたい夕暮れ時。この動画、ニーボードの身体の使い方が分かりやすいと思います。下半身、脚への加重、上体の使い方なんか勉強になります。

今日は午後から良さそうでしたね。ニーボード持って行っちゃおうかと思いました。どーせヒマだし…という訳にも行かず店のPCの前でじっとしていました。

明日は朝からオフショアですが、サイズは期待できなさそうです。ログ積んで行って見ることにします。

しかし明日は寒そう。朝の予報は0度以下ですって。いえ、気温が氷点下でも、海の中では寒くないんです。

一番寒いのは海に着いて、ウェットに着替えるときです。脱ぐときも寒いことは寒いですが、身体動かした後でウェットの中で結構暖まっているので、着替えのあいだくらいの時間は平気です。それに、SURF GRIPのインナーは風通さないので、濡れていても冷たさがありません。

家からインナーだけ、着ていっちゃいましょうか。

ニーボードはやりたいのですが、サイズ的に厳しそうなので、ログといっしょにMINI ハルを持っていくことにします。MINIハル、小波でも面白いのです。

これ見てたら…

Simon Murdoch — White Owl Surfboards from Michael Kew on Vimeo.






昨日のブログの続き。エッジボードのコンセプトになっている、ジョージ・グリノウのエッジスプーン。すごいスピードです。


スプーンは作るのも乗るのも大変すぎるので、フォーム製のニーボードでマニューバより、スピード一番で作ってみたらと考えています。

シングルフィンで、ベリーボードみたいに乗っちゃっても面白そうです。

5’2”~5’4”くらいで、幅はニーボードよりちょっと細め。重要なボトムはプリモのボトムのダブルコンケーブ無し、でなければトライプレーンハルが良さそう。実際のところ、どちらが速いんでしょうね。

フィンの形やサイズもかなり重要だと思います。

興味は尽きません。


家のまわりは紅葉が見ごろです。あまりにきれいなのでパチリ。


と思っていたらおとといの突然の暖かさのせい?紅梅が咲いてました。二ヶ月ほどフライングです。







カツさんは小さな小さなシングルフィンモデル、DISHをシェイプ中です。長さは5’6”。シングルフィンですがレールとコンケーブの組み合わせでシングル以上に良い動きをしてくれます。

小さくて私は乗れる気がしませんが、小さいのお好きな方にはお勧めのシングルフィンです。

これが大きくなったのがダブルエンダー。こっちは乗れます。大きくなっても、DISHの性格を引き継いでいるちょっと毛色が違うシングルフィン。大きいのがお好きな方はダブルエンダー。これもかなり面白いです。

こんなすごいボードをお借りしてきました。


1987年、カツさんのお兄さんのシェイプのニーボードです。サイズは、5’2” x 25” x 2”1/8 幅25インチって…。アウトラインが真っ直ぐです。ハンドルの跡も見えます。

X-TUNEというエポキシラミネートです(その割りには軽く無いんですが…)

フィンはトライ。若干前寄りにセットされています。


さらにすごいのはボトムのシェイプ。2ストリンガーですが、ストリンガーのあいだはコンケーブになっています。そのコンケーブの両側はVEE。テールにかけてしっかり入っています。

どんな感じなんでしょうか?というか乗れるんでしょうか。

今度乗ってみます。

オーダーのボードも出来上がりました。

これもニーボードです。

フィンはツインスタビ。ボトムはこんな感じの色使い。


パッドを貼るとニーボードらしくなります。


お客さまのオーダーですが、今自分が乗ってみたいニーボードをそのまま再現しちゃったので、このボードかなり乗ってみたいです。

明日は波ありそう!







フェイスブックでシェアした写真です。ニーボードで高いラインを走りぬけ、ショルダーの高い位置からのレールをしっかり入れたカットバック。

回転する重力をスタンディングでのサーフィンの何倍にも強く感じる瞬間です。テールへの加重を支点にボードの向きを変えるような動きはニーボードは苦手です。

写真のようにレールとフィンを目いっぱい、身体も多いに使ってカーブさせます。

自分でこれができているのかどうかはギモンでも、私はこのカーブがやりたいがためにニーボードをやっていると言っても言い過ぎじゃありません。

スピードとカーブの感覚、これを一度でも経験してしまえば、ニーボードのとりこになること間違いありません。大げさでなく、そう信じているんですから 笑。









銀色のテープを貼るのは好きじゃないので、テープの代わりに樹脂を塗って応急処置です。リペアとは言いません。

本当はきちんと乾かして、リペアも樹脂だけでなくクロスを乗せる必要がありますが、ニーボード乗りたいので、とりあえずこれでしのいで機会を見てちゃんと直すことにします。

みなさまからご依頼いただくリペアはこんなじゃありませんよ。ちゃんときれいに直してますので、ご安心ください。

しかしこのニーボードよく壊します。もともとクラッシュはあんまりやらかさない方なのですが、このニーボード、これで三回目です。自分のボードのリペアは着色せずにあえてキズを残してもらっているので、レールとノーズはキズ跡がたくさんです。

それだけ調子が良くて、出番が多いからだと思うことにいたします(調子いいのは事実です)

かつてのチャンピオン、GIGS氏。今、おいくつなんでしょう?第一線からはしりぞいていますが、まだまだ活躍してます。ニーボードのレジェンドの一人です。


往年の映像。最初のライディング、パーフェクト10でしょ。





お知らせ:10月14日(水)~10月17日(土)は都合によりお休みいたします。よろしくお願いいたします。

ニーボードやりたいので作ってくださいと、ご相談をいただきました。本当ですか?(笑)と驚きつつも、嬉しいことです。

フィンはツインスタビライザー。ツインフィンの回転性とスピードをいかしつつ、スモールセンターでルースさを抑えるフィンの組み合わせです。

ラミネートの指定。オーダーシートと一緒に渡します。ツートンの樹脂カラー塗り分け。速そうなカラーリングになりそうです。

走って、反応よく動いてくれるニーボード作ります。ご期待ください。

波が上がれば海にはたくさんのサーファーが集まります。ショートボード、ロングボード、フィッシュ、レトロなシングルフィンなどなど様々ですが、少ないというよりは、ほぼいないのがニーボードです。海で実際に見たことがある人は少ないと思います。

私はショートボード以外、ロングボードもオルタナティブ系のボードなどいろんな形やサイズのサーフボードに乗ります。それぞれ違う面白さがあります。

その中でニーボードという存在を改めて考えると、他の道具たちとは違う面白さがあると思います。ニーボードならではのものです。

波に近い、波との一体感、スピード、レイトテイクオフ、素早い動きなど、他のボードとは違うニーボードならではの感覚はたくさんあります。

ちょっと前に、ボードとの一体感が強いとこのブログで書きました。これです。

ヒザから下でボードのデッキに接しているからですが、ボードとの一体感が強い理由がもうひとつあることに気が付きました。


ニーボードはごらんのとおり、丸っこいアウトラインでフィンはスタンディングのボードよりもずっと前方に付いています。

丸いアウトラインはカービィな性格をボードに与えます。曲線が多く、立ち上がってしまうと安定しません。

両膝で乗っているからこそ使えるデザインなのですが、そこにもうひとつニーボードならではの感覚をプラスするのが、前寄りのフィンの位置です。

通常のサーフィンのときのように、後ろ足でテールをコントロールするような身体の使い方は不可能です。ヒザ立ちではスネや足の甲の部分でボードを操ります。

ヒザ、スネ、足の甲を使って大きくボードに体重を乗せることができ、さらにフィンが前寄りにあるとどうなるか?

サーフィンで一番大切な部分、レールを大きく使うことができます。レールは自然と大きく深く水の中に入ります。

ボードの方向をただ変えるターンではなくドライブです。

レールを大きく使いながらカービングしていく気持ちよさがボードとの一体感につながっているのだと思います。ニーボード、速くてラインが太い理由です。

それぞれのターン、よーく見てください。








二つのカルトにはまっている私。ひとつはこれ。

The Cooneys go to Indo from Legless TV on Vimeo.



そして、もうひとつはこれです。


海でも陸の上でも、どちらも圧倒的に少数派です。

別に奇をてらっているわけでもありませんし、人と違うことを…などと意識したこともありません。

どちらも他とは少しだけスタイルが違うなあ、くらいにしか考えていません。

どちらもやってみたら面白かった、というだけです。

で、実際どちらも面白いのでやってみませんか? 笑

同好の士、募集中です。





愛用のニーマシーン、磨いてやりました。ノーズがぴかぴかだとパドルアウトのときや波待ちのときにきれいです。ボトムはつるりときれいな方がいいに決まっています。

フィンも変えてみました。2+1かトライかで迷っているときにテスト用に買ったプロコアの硬くて軽いフィンです。試行錯誤していたときとは違って、今度はトライでフィンの位置も決まっています。

活さんのトライフィンのテンプレットよりもフィンのティップが細くなって、ベースは少しだけ広め。これでどう変わるのか楽しみです。

前回やったレフトの波がずいぶん良かったので、いまだにこのニーボードを見ては思い出しております。南西うねりのときはいい波です。

5’6”あるかないかの小さなボードですが、パドル+足ヒレのおかげでテイクオフは最速です。小さいのでパドルアウトは若干かったるいですが、それをおぎなって余るほど何度も沖へ出て行く面白さがあります。

波により近いとか、よりクィックに動けるとか、波のパワーをダイレクトに…などといろいろとニーボードの面白さを表現しようとしてきましたが、最近思いついたことがあります。

ニーボードはヒザ下がすぐにボードなわけですから、ボードとの一体感がひじょーに強い。立ち上がるとバランスをとってボードをあやつる感覚ですが、バランスをとる必要が無いヒザ立ちはボードと身体がほとんど合体状態です。

そのサーフボードと身体の一体感がニーボードの一番の気持ちよさなんじゃないかと思います。

こんな感じです。ゲッター3。







朝からずっと動いて現在午後の7時過ぎ。軽く燃え尽きシンドローム状態。五十肩も軽く再発。

5’8”くらいの少し長めのニーボードを作ってみようかなあと考えています。


Visitor Map
Create your own visitor map!