MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3971] [3970] [3969] [3968] [3967] [3966] [3965] [3964] [3963] [3962] [3961]


ジョン・セバーソンの古いフッテージです。昨日のブログのボードはこういう波乗りをやりたいと思って作りました。ボードもなんとなく似てます。というのも、昨日のブログで書いていた幅が22インチというのは上の動画を見ていて思いついたからです。


幅を細くするということへ考えが至ったのは、22”1/2という幅のログに乗っていたからです。それまでの23インチとは何かが違うぞ、とずっと思っていました。

あらためて考えてみたら昔の(60年代)のボードは大抵が今のクラシックと言われるロングボードよりも細いということに思い至ったのです。昔のボードと同じようにDフィンにして、フラットなロッカーを作り、ある程度重くして形を似せてみても乗ってみると古いヴィンテージボードとはどこかが違うのです。

そして、22インチ幅にしたボードで波に乗ってみたのが昨日のブログです。

ボードの前後、そして左右のレールへ体重を乗せると、反応はかなり敏感になっているのを感じました。ボードに体重を乗せて何かの動きをする度に、バシャッ、バシャッと大きな音が聞こえてくるくらいにボードからスプレーが飛びます。

フィンは確かにDフィンでこれまでとほぼ同じ大きさです。それでもボードの反応は多いに変わっていました。これまでのDフィンのログとは違う反応に海の中で大興奮でした。まさに「何コレ?!」と思いましたから。

ログの面白さは、いろいろあります。滑り出すときの気持ちよさ、重量と大きな接水面が生み出す強烈なグライド感、滑りのスムースさ、小波でも十分スピード感を楽しめることなど、たくさんです。

そこにさらにプラスされたのが今回のこの感覚。まだうまく表現ができません。とにかくこれまでに作ったDフィンとは違うものです。これからもっと乗っていけば何かいい表現を思いつくんではと思います。

ノーズライド命もいいですが、こういうログの方向性もあっていいと思います。このログ、Dフィン方面に興味ある方にはかなり面白いログではないかと思います。


さて、クラシックなログにもマッチする、AXXE CLASSICのオーダーキャンペーンは、この三連休までです。お渡しは10月中旬以降。消費税は10%になりますが、クレジットカードなら5%のポイント還元対象です。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!