MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1014] [1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005] [1004]
一週間前の週間天気予報は曇りのち晴れ。しかも前日は雨らしく今年のフィッシュフライはもしかして波あるぞ~しかも天気も良いぞ~と期待を膨らせておりました(去年の模様はこちらから)
けれども、6月6日がだんだん近づいてくると予報はがらりと変わり雨、降水確率70%…。最悪波は無くても雨さえ降らなければ海でノンビリできるんだけれど、果たしてどうなることかと大雨の朝、まだ暗いうちに自宅を出発しました。

御殿場あたりを過ぎてもまだ雨、しかもたまに強く降ってきます。「雨だったら、最初からウェットスーツに着替えてその格好でウロウロすればいいか…」などとアタマの中で対策を考えながら走り続けます。

箱根の山を通り過ぎ、左手に駿河湾が見えてくるあたりまでくるとなんとなく雨足が弱まってきたように感じます。低気圧さえ離れてくれれば雨は止みそうな天気図を思い出しつつ、このまま雨が上がってくれそうな予感にムネを膨らませつつ静波海岸へと走りました。

AM6:30静波海岸到着。雨はすっかりやんでいました。曇り空は取れていませんが、天気は回復へ向かいそうな空気の匂いです。

会場はすでに8割がた満杯。開いているところを見つけてクルマを滑り込ませます。波も良さそうです。

クルマの中は7本のボードで満杯状態。今回はしっかり試乗ボードを持ってきました。クルマからボードを降ろしてビーチに並べていると、平塚「MO3」のケンモチくん到着。MO3、MENEHUNE共同ブースは昔ながらのジャパーニーズビーチスタイル。いい感じでしょ?

試乗は大盛況。みなさんハルとラウンドノーズのフィッシュそしてフィッシュシモンに興味津々の様子です。どこかの外国人ライダーが5.8のKKフィッシュに乗って物凄い勢いで沖の波をかっ飛んでるのが見えます。「スゲー!」これってフィッシュ・フライの醍醐味そのものじゃん(笑)

去年は駐車場の片一方にブースが集中していたのですが、今年は全体に散らばって散漫な感じです(KKブースはビーチの真ん中だし)でも、見学や試乗の人たちが増えてくるに従って、逆にその散らばったブースがユルーイ雰囲気をかもし出していい感じになってきました。波はコシ~ハラで、ボードの試し乗りには最適なサイズ。雨の心配のことなど、どこかへ飛んでいってしまってます。


クリステンソンチームのブース。クリスは体調不良でドタキャン。一月遅れで来日してシェイプする予定ですのでオーダーされた方はご心配なく。久しぶりに会ったライダーの吉川祐二くんはC-UNITをテスト中。


結局、朝の8時過ぎから午後4時ちかくまで海に入っていました。海に入っていると次から次へと試乗ボードに乗った人が交代でパドルアウトしてきます。その方たちと海の中でいろいろお話しをするのは本当に楽しい時間でした。

ケンモチくんはケンモチくんで波に乗りまくり。一番目立っていたのはもしかすると彼かも。波乗りが上手なのはモチロンですが、華があるというか、楽しんでいる感じがビンビンに伝わってきます。最高です。

途中エネルギー切れで昼飯。どんなに忙しくても食べ物の準備は怠りません(笑)火を熾してBBQは面倒くさいので家で焼いてきたチキンとパプリカをトマトやアヴォカドと一緒にピタパンに挟んでランチタイム。

旨そうでしょー?

午後遅くなってくると潮が上げてきて波が割れずらくなってきたので道具を変えてショアブレイクで遊びます。

まずは池田潤さん製作のアライア一号機を拝借してインサイドブレイクのチューブで砂まみれ。波打ち際までスキムボードみたいに滑っていくのが面白くてたまりません。ふと隣を見たらジョー・ウエグナーさんが笑っていました。

波がますますインサイドになってきて最後はコレ!とジャックのCHOさんとHESSのハンドフィッシュでボディサーフィンに挑戦。手で持つハンドボードですが、ボトムにはチャネル、ロッカーも付いてました。

そんな感じでもうこれ以上は遊べないというくらい楽しんで、ヘトヘトになって海から上がりました。

自分自身も十二分に楽しみましたが、試乗された皆さんが揃って「海の中の雰囲気は最高にフレンドリーだし、たくさんのボードを試せるし、むちゃくちゃ楽しいイベントですねー」「来年も絶対やって欲しいです」と笑顔満面で言っていたのがとても印象的でした。

ボードを水洗いして、元通りにクルマに収納して、第2回フィッシュ・フライは盛況の元に無事終了。会場を一回りして知り合いに挨拶して会場を後にしました。

会場を後にしたと言っても行き先は会場から歩いて1分のホテル。ずいぶん安く泊まれて環境も設備もいいので去年気に入ってしまったホテルをまた予約しておきました。松林の間からは海が見えています。


みなさん夜も盛り上がっていたんでしょうねー。私は部屋で食事を取ってビールを飲んだらすっかり夢の世界。遊び疲れて眠るのって最高の贅沢かもしれません。

翌朝、午前4時50分起床。昨日とは打って変わって最高の夜明け。涼しい朝の空気の中を歩いて波をチェックに行きます。駐車場ではテントを張って寝ている人。ボードケースにもぐり込んで眠りこけている若者(若さですね、なんだかウラヤマシイ。)起き出して海を見ている人などすでに人がたくさんでしたが、残念ながら波はもう無くなっていました。前日の余韻を楽しみつつ1時間ほど辺りを散策してホテルの部屋へ。

次回はフィッシュ・フライ2010。来年も静波でお会いしましょう。BLUEさん、よろしくお願いします。


会場で撮った写真と試乗ボードの写真をこちらにアップしました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!