MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030] [1029] [1028] [1027] [1026]

アンドリュー・キッドマンの新作「LAST HOPE」を日本版の発売にさきがけて送ってもらいました(Tシャツもらいました♪ありがとう)早速昨夜、自宅で1人試写会です。

オーストラリアからのリリースによると7人の映像作家の短編作品のコラボレーションということだったので「いったいどんな作品なのか?」とワクワクしながら見ましたが、期待は裏切られることなく80分が過ぎていきました。サーフシーンの羅列というサーフフィルムのスタイルではなく、それぞれのアーティストが海を表現しようと試みた短編作品をアンドリュー・キッドマンが編集したものですが「繋ぎ合わせ」という感じは全く無く、むしろ前作からのアンドリューキッドマンの作風を見事に受け継いでいると感じました。

今回の作品「LAST HOPE」は通常のサーフフィルムのよう「ハル・スタビーのライディングシーンは出てくるかな~?」などと期待して見ると、その期待を裏切られるかもしれません。けれどもそれは必ず良い意味での裏切りになると私は確信しています。美しい映像と音楽は、まさにサーフアートと呼ぶにふさわしい作品だと思います。

内容について書いてしまうと楽しみが減ってしまうので、国内での発売を楽しみにお待ちください(英語を理解する人なら海外版でもいいですが、そうでないなら日本版が絶対お薦めです。私も日本版が出たら1本求めるつもりです。)

今夜、もう一度観ようと思ってます。



NALUTOトランクスが出来上がってきました。みなさま夏の準備はお済?
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!