MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1232] [1231] [1230] [1229] [1228] [1226] [1225] [1224] [1223] [1222] [1221]
久しぶりにダニエル・デュエインの「CAUGHT INSIDE」を読んでいます。

CAUGHT INSIDEは、インサイドで捕まるという意味。「はまってアウトに出られない」ということです。社会をドロップアウトし、サーフィンという波にがっちり捕まえられて海辺の生活を始める主人公の生活を描いています。

波乗りの小説というと、トリップやレジェンドたちの逸話を描いたドキュメンタリー調のものが多いですが、この「CAUGHT INSIDE」は少々毛色が違い、波乗り純文学と呼んでも良さそうな作品です。

自分が好んで入るポイントに対する愛情は、誰にだってあると思います。そんな特別な場所への愛情が、周辺の環境や海の中の生き物や波など自然の美しさ、そして遥か昔の出来事にまで筆者の目を向けさせ、美しい文章で綴られています。サーフィンというスポーツのエクササイズという肉体的な面とともに、メディテーション、インスピレーションといった精神的な面を強く感じさせてくれる作品です。

じっくり読める一冊です。

ご紹介しときます。



金曜は波乗り、土日はしっかり走ったので今日は休息日。夜は雪になるらしいので雪対策をやっておりました。

ベランダのキーライムの鉢植えを家の中に避難させ…。


野菜の苗が雪で埋もれないようにカバーをして…(これで本当に雪に耐えられるのかどうかは不明)


薪を多めに準備してきました。


町田では雨が降り出していますが、夜には雪に変わる予報になっています。明日は波有りそうですが、問題は氷と雪。クルマは雪仕様になっていないので積もるともうダメです。雪が多い地方の人が聞いたら笑っちゃいますね。

雪になったら少し早めに店仕舞いすると思います。


昨夜はまたまたソーキそば。たくさん煮たのでまだまだソーキあります。


そして生の葉っぱをたくさん。

ほとんど毎日、お皿いっぱいの葉っぱを食べてます。これが無いとなんだか調子狂います。お客さんに出すと大抵、これ1人分?みんなで取り分けるの?と聞かれ、同じサラダが人数分あるのを見て驚かれます。

だからオイルや塩を混ぜるサラダボウルも我が家のは巨大です。

本の話題のついでに、私が好きな作品をもう一冊ご紹介します。ケム・ナンの「源にふれろ」(TAPPING THE SORCE)です。

行方不明の姉を探しにカリフォルニアへやってきた主人公がサーフィンを始め、一人前の男に成長しながらだんだんと核心に近づいていく青春小説とミステリーを合わせたような作品です。ケム・ナンはサーファージャーナルでも文章を書いているので波乗りや海の描写は素晴らしく、ストーリーもテンポ良く進んでいきます。だいぶ昔に新書で買ってまだ持っていますが、文庫本になったみたいです。「CAUGHT INSIDE」の次はこれを読み返してみることにしましょう。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!