MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1289] [1288] [1287] [1286] [1285] [1284] [1283] [1282] [1281] [1280] [1279]
昔、海にまだサーファーなんて数えるほどしかいなかったころに、カツさんが乗っていたというサーフボード。

KEOKI SURFBOARDというディケールが入った、8フィート代のボードです。このボードとHOLDEN SURFBOARDの二本を所有していたそうです。

これは、カツさんが80年代にシェイプしたボード。80年代風にシェイプしたのではなく、80年代にシェイプされたトライフィンです。ラミネートされずに30年近くも保存されていたものです。

ヴィンテージのアルメリックのトライフィンをリストアしたことが何度かありますが、当時のそれらのボードと較べてもなんら遜色のない、シャープなシェイプです。(何種類かありますので、リアル80Sのトライフィンを欲しい方はご連絡ください。)

そして現代。

ダブルウィング、そしてボリュームがあるラウンドノーズはカツさんならではのシェイプですでにお馴染みだと思います。ラウンドノーズの有効性にいち早く気がついていたのもカツさんです(最近、なんとなくサーフィンが楽しめていないなあという方に特におすすめです。週末サーフィンがグーンと楽しくなること間違いありません)

ロングボードから始まって、米軍ベースに忍び込んで(?)見た、「EVOLUTION」でボードはどんどん短くなって、トライフィンの時代。南の島の危険なホローウェイブに魅せられて、その波のためにシェイプされていたスペシャルクィーバー、そして地元湘南の波で楽しめるスペシャルシェイプ。力の弱い波からもスピードを楽に引き出せるアウトライン、ロッカー、ボリュームのバランス。ファットな外観からは想像がつかないほど細かい部分まで、理論的な裏づけと経験が活かされたシェイプが施されています。

カツさんのシェイプには歴史と経験がずっしりと詰まっているのです。


お知らせ:4月4日(日)は午後2時開店です。よろしくお願いします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
この記事へのコメントは、投稿者の希望により削除いたしました。
menehune 2010/04/07(Wed)15:43:24 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!