MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[1419] [1418] [1417] [1416] [1415] [1414] [1413] [1412] [1411] [1410] [1409]
GLIDE誌でサーフマットとパイポ発見(情報遅いですね、ワタシ)パイポボードを抱えて微笑むアンドリュー・キッドマンが書いていたことは、とーっても共感できて、うなずきながら読んでいました。みんな感じることは同じですね。

ワタシの二枚のパイポボードはこれです。ご存知、パイポ兄弟。

両方とも川南活さんに削ってもらったもので桐の木が材料です。

短い方のサイズは 3’3”x 17”3/4 x 5/8。

薄く短いので浮力はほとんどありません。水泳で使うビート板よりも少ないと思います。でもこの浮力の無さが面白いのです。まず、走り出せばこれがびっくりするくらい速い。そして、浮力をあまり感じさせないので身体ひとつで滑っているような錯覚におちいります。

私はパイポに極力触らないようにして乗るのが好きです。両手を身体の後ろで組んでみたり、ガッツポーズのように両腕を前へ突き出したり、アトムが空を飛ぶときみたいなポーズで滑ったり…。そうするとほんとうに胸だけで波のフェイスを滑っている感覚になります。そうして上半身を使ってボードをコントロールします。

あごの数センチ下に海面がある体勢のまますばらしいスピードで波を滑るのです。ボードは意外と身体にくっついて離れません。ボディボードと波に乗る姿勢が似ていますが、それぞれお互いに違うものです。

波のショルダーが短い波では前に出ず、波のポケット、一番気持ちが良い場所に留まって滑り続けることができます。次から次へと盛り上がってくる波のフェイスを見上げながら海面を滑っていくとそれだけで気持ちが高揚して楽しくなってきます。

スタンディングなら上から見下ろすようなサイズの波でも、パイポに乗るとまったく別のコンディションです。

波という自然の力を一番ダイレクトに感じるのがパイポだと思います。

Paipo Surfing 1958-1965 from Stig Waidelich on Vimeo.


明日から29日(日)までお休みをいただきます。サーフマットとパイポを持って海水浴場で楽しんでまいります。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!