MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[206] [205] [204] [203] [202] [201] [200] [199] [198] [197] [196]

私が好きなアーティストの一人、ピート・モンドリアンの作品。NYのMOMAで撮影した画像です。来年も今年と同じ時期にNYへ行けるチャンスがあるのですが、年末のハワイも我慢したことだしやっぱり我慢かなあ。NYは好きな旅行先のひとつです。

いつだか行ったときにふらりと入ったギャラリーでヘンリー・ディルツの個展をやっていて、泣きそうになったことがありました。ヘンリー・ディルツは音楽が好きな人ならかならず目にしたことがある作品を撮っているフォトグラファーです。ジャクソン・ブラウン、CSN&Y、アメリカ、イーグルス、ジミ・ヘンドリクス、ローリング・ストーンズ、ドアーズ…なんかのジャケットの写真だったり、日常の生活でのなにげないワンシーンだったり、普通の写真なんだけど目に見えない「何か」がガンガン伝わってくる写真に完全にやられてしまった記憶なんかがあります。そんな経験がフラフラと歩いているだけでできる街はなかなか無いと思います。

信号なんか絶対守らないニューヨーカー、ひたすら歩きます。ジェットコースター並みにスリル満点のイエローキャブ、スチーム、街角のベンダー、おしゃれなブティック、チャイナタウン、チェルシー、SOHOのイタリアレストラン。。。


食べ物だって、10ドルあれば腹いっぱいになるおいしくて庶民的な飯屋がたくさんあります。画像はNYで一番ディナーの予約が取れないというステーキ屋ピーター・ルーガのプライムリブランチ$15。これにブルックリンラガーが最高。

波乗りだって、誰も入っていないエンプティバレルに出会うことだってあるらしい。
ただし気温は-20℃のファンキーな世界。ちょっとムリそう。

年内は、12月23日(土)までの営業です。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!