MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 3 4 5
11 12
16 19 21
22 26
29
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2033] [2032] [2031] [2030] [2029] [2028] [2027] [2026] [2025] [2024] [2023]

いまさらですがカツカワミナミサーフボードは100パーセントハンドシェイプです。ゴツゴツしたブランクスの表面を削って滑らかにして、スケールで各ポイントのサイズを決め、テンプレットをあててアウトラインを引いていきます。

ブランクスには本当にたくさんの種類があって、それぞれが有名なシェイパーによってデザインされ、ロッカーや厚みのバランスなどが計算されて作られています。

それをそのまま使えばバランスのいい、調子いいボードが出来上がるように作られています。以前、自分でシェイプした5.2のフィッシュは、もとになったブランクスのデザインを壊さないようにシェイプをしたので、素人シェイプながらそれなりに走ってくれているのがいい例です。

カツさんはモデルによっては、出来上がりのサイズよりもずいぶん長いサイズのブランクスを使うこともあります。ブランクスのノーズやテールを1フィート近くも切り落としてしまうこともよくあります。そうやって自分がイメージしているロッカーをブランクスの中から取り出しています。

ほんのちょっと削っては測って、測って、測って、手で触って、目で見て確認してからまたちょっと削って、ということを何度も繰り返してシェイプを完成させていきます。

そういう作業を傍で見ているとハンドシェイプというのは、ただ「シェイプマシンを使っていない」ということでは無いのだと実感させられてしまいます。

ですので、カツカワミナミサーフボードは120パーセントハンドシェイプです。と書いてしまう次第です。

6年前のブログで、カツさんが84~85年ごろにシェイプしたボードがシェイプされたフォームのまま出てきたことがありました。先日その当時にカツカワミナミサーフボードのライダーだった方と話をしたのですが、その方がこれらのボードのことを本当にマジックボードでしたあ!!とあまりにも興奮して話をするので、そんなに良いのかとこのショートボードに挑戦したくなってしまいました(ラミネートされた状態でまだ残ってます)

30年近く前から凄かったんですから、今はもっと…ですよ。



さて、パイポのことをいろいろ書いていたら何人かの方からパイポ私も好きです!というお言葉をいただいて、オーダーもいただいてしまいました。ありがとうございます。いるんですねパイポ好き!嬉しいです。

パイポは乗っている姿勢はボディボードと同じですが、ボディボードというよりは身体ひとつで波に乗るボディサーフィンに近いような気がしてます。楽しいですよパイポ。

OLOMANAのKu'u Home O Kahalu'u に乗せて…


もう一つ。手を離してムネだけで乗っちゃうのがとっても気持ちいいのです。本当はハワイの言葉でいうとPAIPOではなくPAEPOみたいです。















この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!