MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
T-shirts希望(返信済)
(05/31)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2034] [2033] [2032] [2031] [2030] [2029] [2028] [2027] [2026] [2025] [2024]

PAIPO兄弟のうち大きいほうのPAIPOをリシェイプしてみることにしました。大PAIPOは少し大きすぎたみたいです。

まずはセンターの墨出しです。

といっても、ただの板切れなので正確に真ん中を出すのは無理です。センターの墨出しというよりはアウトラインを引く上での基準になるセンターのラインを作ります。フォームだったらストリンガーです。目で見て違和感の無い位置にセンターが取れれば問題ありません。

ノーズとセンター、テールのサイズのプランを決め、小さい方のパイポをテンプレット代わりにしてアウトラインを引いていきます。


短いので一発でノーズからテールまで引けちゃいます。

ノーズのラインもうまく重なりました。


こんな感じ。

長さは小さい方のパイポよりも、さらに短くしてみました。

2インチ短くして、3’1”です。逆に幅はプラス1/2インチずつプラス。テールに向かって少しだけ広くなるアウトラインです。

見ていたらもうひといじりしたくなってきたので、またまた小さいパイポのノーズのラインを使ってフィッシュテールにしてみました。



アライアのフィッシュテールは反応がいいみたいなので、パイポでも試してみることにします。フィッシュテールパイポ、見た目もカワイクできそう。

今日は道具が無いのでここまでです。ハンドソーで切り抜いてハンドサンディングで電動機械を使わずにエコリシェイプに挑戦してみます。

残った部分はハンドプレーンを作ってみることにします。









この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!