MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2029] [2028] [2027] [2026] [2025] [2024] [2023] [2022] [2021] [2020] [2019]
サーフィンやらない人にとっては「裸」というと何も着ていない素っ裸の状態を思い浮かべるかもしれません。

でもサーファーにとっては「裸」というのは、ウェットスーツ同様に装備の種類を現す言葉です。

たとえばこんな感じ。

「昨日、波乗りやった?もう裸でいける?」

「最初は裸で大丈夫だったけど、だんだん寒くなっちゃった。」

「シーガル暑う~そろそろ裸かなー」

こんな風に「裸」を使ってもサーファー間では全く何の違和感もありません。

でもたとえば、サーフィンやらない人どうしの会話で、

「昨日、BBQやってたら暑くてさー、裸になっちゃったよ」

などと言うと、「この人もしかして飲むと脱ぐクセがあるのかしら?」と人によっては若干変な誤解を与えないとも限りません。

「昨日渋谷歩いてたらもう暑くてさー、裸になっちゃったよ」

という裸はちょっと困ります。まあ本人の自由ですけど…

………

【裸】:「ウェットスーツを着用しないでサーフショーツ一枚でサーフィンすること」

日焼けに注意ですが、すっかり裸が気持ちいい季節ですね


さーて、こちらはトランクスが脱げて本当に裸になってしまったこともありましたが、サーフマット金曜日に到着します。事前にご予約をいただいて、残りはあと一点です。

裸は滑りやすくなるので、ショートジョンくらいがお勧めです。

サーフマットはホームページからどうぞ





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!