MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2188] [2187] [2186] [2185] [2184] [2183] [2182] [2181] [2180] [2179] [2178]
先日の大潮の干潮は、もうすぐ来る春をどことなく感じさせるような潮の引き方でした。冬のあいだは夜の時間の方が潮の動きが大きくなりますが、春になるとそれが逆転して日中に大きく潮が動くようになります。冬の海を見ていると沖の海面がおだやかにうねって、波打ち際で優しく崩れている光景を目にすると思います。

冬のあいだはうねりだけだったのが春になって潮が大きく動くようになると、水深が浅くなったところでちいさな波が崩れるようになります。力が弱い本当に小さな波です。ここで言う「小波」というのはそんな波を想像してください。

波の力が弱いので、そんなときに楽しめる道具は限られてきます。波が立つ回数が少ない湘南限定のお話かもしれません。

そんな小波の日。まず思い浮かぶのはロングボードです。浮力が大きいので小さな弱い波の斜面でも滑ってくれます。重ためのボードだと小さな緩い斜面でもボード自身の重さでスピードが出ます。小さな波でもうまくポジションをとれば、ほんの一瞬かもしれませんが(笑)「おっ」と思う瞬間があります。

その瞬間をいかにたくさん作り出すかが小波を楽しむテクニックじゃないかと思います。

短いボードではどうでしょう。

薄くて細いショートボードでは少々厳しいかもしれません。比較的ボリュームがあって浮力があり、ロッカーは緩めで幅が広いフィッシュのような形なら短くても、小さな斜面からスピードを引き出しやすいと思います。やはり重めのボードの方がより走ってくれると思います。

そんな小さな波には入らないよという方が多いかもしれませんがそこが狙い目です。小波は人が少ないのです。楽しくなさそうな波を楽しめればこんないいことはありません(気持ちの部分が多いにありそうですが…)

先日、カツさんのBOOGIE TWINでそんな小波で波乗りをしていて小波の楽しさを思い出しました。そういえば昔はそんな小さな波も楽しんでいました。たしか10年ほど昔に今日と同じようなタイトルと内容でメルマガを書いたのを思い出しました。(確かあのときは、クーパフィッシュの超重量級ロングとカツさんのソープスリッパー)

木曜日にさんざん小波に乗って楽しんで、日曜の今日になんとなく疲れが残っているのは10年経っている証拠ではありますが、これからは小波フリーク復活したいと思ってます。(BOOGIEは小波専用のボードではありませんが)BOOGIE TWINのおかげです



波は火曜日に期待しましょう。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
そうですね。朝イチに人しれずブレイクする小波。
もうすぐ春ですね。潮回りが味方してくれて。。
朝イチ狙いには嬉しいかぎりです。Boogie Twin
ナイスなネーミングですね。3コードR&Rのマーク・ボランかしらん?あるいは、シカゴあたりの弾む1コードの電化されたBluse。近日中にお店行きますね~
yama 2013/02/18(Mon)20:00:36 [編集]
無題
そういえば最近、お会いしてませんでした。これからの季節の無人の小波が楽しみですね!
menehune 2013/02/19(Tue)19:05:03 [編集]
Visitor Map
Create your own visitor map!