MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2234] [2233] [2232] [2231] [2230] [2229] [2228] [2227] [2226] [2225] [2224]
長野から新潟へとお花見ツアーへ行ってきました。最初に行ったところは、しだれ桜の名所らしいですがちょっとまだ早い感じ。とりあえずハラが減ったのでまずは蕎麦で腹ごしらえです。


右からトロロ、葉わさび、テンプラ。テンプラはフキノトウにサツマイモかと思って食べたら、なんとリンゴ。びっくりしましたが嬉しい不意打ち。さすが長野県です。トロロも濃厚。蕎麦も負けずに美味しくて大満足です。

それから日本の三大桜名所のひとつらしい高遠城址公園へ。桜はほぼ満開でキレイでしたが私の興味はこちらへ。絵島(江島)の囲み屋敷です。

何それ?と思っていただいて結構です(笑)江戸時代、(諸説ありますが)大奥の権力争いに嵌められて無実の罪でこの地に流され亡くなった、絵島という女性が幽閉されていた家です(要は昔の牢屋)。絵島の話は小説やドラマになっているので、それなりに有名なのですが旅先での思わぬ出会いに驚きました。きっと美しい人だったんでしょうね。

絵島辞世の句 「浮き世には また帰らめや 武蔵野の 月の光の影もはづかし」

300年前のことを思いながらの花見もまたいいものでした。

宿泊はスキー場のホテル。残念ながらナイタースキーはできず。夜、雪が降っていたので早朝起き出して散歩にでかけてみると前夜に積もったサラサラのパウダースノーに感動です。まだ滑れます。日本は狭いけど広いと思いました。


そして、新潟県へ。高田城址公園というところ。途中の露天でおばちゃんとおじちゃんが売っていた箕寿司というお寿司。あまりの素朴さに思わず買ってしまいました。

フキ、酢ハス、胡桃、錦糸玉子の素朴なネタですが、口に入れてビックリ。酢飯が旨い。お米の美味しさがなせる技です。豪華な食べ物よりも、こんなのが好きです。

食べてばかりじゃなくて桜も見なければ、ということで今回のベストショットです。



クリックして拡大してみてください。満開の桜と雪が残る妙高山が蓮池に写って、それはきれいなものでした。日本は美しい国ですね。

東京へ帰る途中に立ち寄った弥彦神社に並んでいた茶店のおでん鍋を覗いてみました。

具材はどこの店も、ちくわ、コンニャク、ダイコン、たまご、こんぶでした。お出汁は醤油の色です。良く煮えて美味しそうなので食べてみたら、出汁が効いたしょっぱいしょうゆ味でお酒が欲しくなりました。これが新潟のおでん?少々醤油濃いですが、これはこれで美味しいです。

今年は東京も含め、桜の花をたっぷり楽しませてもらいました。お休みありがとうございました。今日からばっちり営業してます。

明日は波ありそうですね。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
宮嶋さん、近くにいらしたんですね!
弥彦といえば、味のしみたコンニャクです!!
竹輪や大根は脇役にもならないかもです(笑)
SG 2013/04/14(Sun)23:13:35 [編集]
無題
う~、コンニャク食べそびれました…。コンニャクだけ別鍋展開(笑)だったのでちょっと気になったんですが、そっちだったんですね~。でも弥彦神社、気持ちが引き締まる場所でした。また行きたいです。
menehune 2013/04/15(Mon)14:39:43 [編集]
<< FCS HOME GO FISH >>
Visitor Map
Create your own visitor map!