MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2236] [2235] [2234] [2233] [2232] [2231] [2230] [2229] [2228] [2227] [2226]

ハレイワビーチパークで自分の腰を指圧している、当時は腰痛持ちだった私。2002年の年末の写真です。足元にあるのはクリス・クリステンソンのFISH。もう十年以上前の写真です(ちなみに波のサイズは背丈ちょっとの小波)

ボードのサイズは6フィート。今考えると大きなフィッシュですが、この頃はまだ短いボードに乗り始めたばかりで、たしか6.10くらいのVEEボトムに乗っていたので、このサイズでもずいぶん小さく感じました。このときにフィッシュに始めて乗って、ほとんど波には乗れず、パドルばっかりしていたと思います。

でもすぐに慣れて、FISHというボードが面白くて仕方なくなりました。それに合わせてボードも短いものをクリステンソンにシェイプしてもらい、ショップでも彼のFISHを扱いはじめました。それから2~3年後に、このFISHがブレイクするわけですが、このときにはそんなことは予想もしていませんでした。

流行りはじめると興味が離れてしまう私はただの天邪鬼ですが、そのとおりにだんだんFISH以外に目が行くようになって、あんなに面白かったはずのFISHにはほとんど乗らなくなっていました。

でも突然ですが今、またFISHに乗りたくて仕方なくなっています。あの感じを思い出させてくれたのはBOOGIEです。

先週の木曜日、ムネちょっとくらいの波がありましたが、そのときのBOOGIEでの波乗りがFISHの感覚を思い出せてくれました。

波が壁になったところを両面フォイルのキールフィンでドライブさせているときのあの感じ。波が厚いセクションもスムースに走ってくれるあの感じ。厚い波がまた立ち上がってきたのに合わせてボードを踏みこむと反応良く加速してくれてスピードが付いていくあの感じ。キールフィンでのカットバックのドライブ感(うまく決まれば)。あの感じです。

BOOGIEはもちろん素晴らしいのですが、クラシックフィッシュのあの感じをまた味わいたくなってしまいました。BOOGIEのせいです。最近は流行りは落ち着いて、本当に好きな人だけが残ってFISHに乗り続けていると思います。

FISH、やっぱりいいじゃん。

イメージはこんな感じ。幅は広めでテールも広めのパラレルなアウトライン。ノーズはKK FISHくらい丸くして、長さは楽に楽しめるように少し長めで5.8か5.10。フィンは大きすぎない両面フォイルのキールフィンを真っ直ぐにグラスオン。


皆さん、FISH乗ってますか?




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!