MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2262] [2261] [2260] [2259] [2258] [2257] [2256] [2255] [2254] [2253] [2252]
ホットドギングという言葉を知っていますか?1950年代から60年代にかけて、ロングボードの時代に流行ったサーフィンのスタイルです。こんな感じ…。


50年代にPIGというターンがしやすいボードデザインが考案されたことから始まったとされるホットドギングですが、テクニックとしては、スケッグファーストテイクオフ、ヘッドディップ、スピン、スウィッチスタンスなどがあります。

スピンはボードの上でスタンスを変えながら回転することですがそこから、ノーズでやってみたり、ステップバックでテールを向いて戻ったり、ターンで必ずフロントサイドになるように向きを変えたりするスウィッチスタンスに発展したのかもしれません。長いボードの上を忙しく歩き回るのですから、いつのまにか自分のスタンスがわからなくなったままサーフィンしていても不思議じゃありません(笑)

でも上の映像を見ていて思い浮かぶサーファーがいませんか?



はい、アレックス・ノストです。60年代のサーファーたちよりさらにアグレシッブに動き回っています。よく前後左右が分からなくならないものだと感心してしまいます。見ている方が訳分からなくなります。

12年前、伊良湖のロングボードクラシックにお邪魔させていただいたとき、アレックス・ノストはロバート・オーガストサーフボードに所属して来日していました。当時はまだ15~6歳だったと思いますが、すでに有名で若いながらトラディショナルできれいなロングボーディングをしていました。

その頃のイメージがあったので、今のスタイルのサーフィンを見たときには衝撃的でした。正直言って最初はなんか変になっちゃったなあ、って思いました。

でもこれって想像するに昔も同じだったと思います。マリブチップみたいなボードで優雅にサーフィンしていたところにPIGというデザインが出てきたのです。きっと当時の若いサーファーたちは、新しいデザインのPIGに飛びついたことでしょう。そしてホットドギングというスタイルが生まれてきました。

それを見た、当時の年配のサーファーたちは思ったはずです。

「最近の若者のサーフィンは何だ…」って。

今ではアレックスのスタイルはとても好きですが、最初はラディカル過ぎて「最近の若者は…」みたいに思いましたもん。それで60年代のホットドギングを見ていて、ふと思ったのはきっと昔のオヤジサーファーたちも同じように新しいもの(当時のホットドギング)を見て、最初は同じように思ったんだろうなあと、勝手な想像の中でシンパシーを感じてしまった水曜日の昼下がりでした。



ロングボードやっぱりいいです。クリステンソンに頼んでいるロングボードの出来上がりが待ち遠しいです。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!