MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2443] [2441] [2440] [2439] [2438] [2437] [2436] [2435] [2434] [2433] [2432]
昨日のブログでアタマの中がとっ散らかっているのはお分かりいただけたと思いますが、そのひとつがコレです。カツさんのダブルエンダーというモデルです。

短いPIGみたいなイメージのシングルフィンです。ビッグディッシュというモデルがベースで、名前のとおり、ノーズとテールが同じ形になっています(厳密には同じじゃありませんが)。

ボトムはコンケーブボトム。


なぜこのモデルが気になっちゃっているかといいますと、ダブルエンダーのこの動画です。

MO3、さすがのライディングです。

あのカットバックを見て思い出したのがこのボード。カツさんが70年代にシェイプしたニーボードです。




似てませんか?

似てない?

似てるんです(笑)

幅が広いテールに深いコンケーブボトム、それにシングルフィン。

このニーボード、滑り出すとテールが浮かんでくるような感覚になって、まさに動画のえぐるようなカットバックの感じでガバッと行きます。見た目のイメージとはかなり違う動きをしてくれるのです。余談ですが、デッキのワックスが黒くなっているところが足ヒレの位置です。スタンス結構前寄りです。

ニーボードのあの感覚で…と想像すると、かなりヤバイのです。

…で、もうすぐ出来上がってきます(グラスショップのフェイスブックからお借りしました)。


長さは6’6”です。サイズ的にも私が今一番気になっているサイズまわりなのです。サイズもワクワク、ボードのデザインもワクワクで、昨日のブログで書いたようにやりたいことがたくさんありすぎて、どうすればいいのか分からない気持ちがお分かりいただけるかと…

どうしてこの辺のサイズが気になっているのか…ということはまた追って書いてみたいと思いますが!このお話、メネフネニュースレター的な視点から考えてみると、ジョージ・グリノウ氏に登場していただくなくてはいけません(笑)。

グリノウのニーボードVELO(フレックススプーン)を元にして、オーストラリアでは60年代の終わりにVEEボトムやハルのようなデザインのショートボードが作られはじめたのはみなさんもう良くご存知だと思います。

現在でもこのスプーンをスタンディングに応用して、スタンディングスプーン的なコンセプトのボードをシェイプしている若いシェイパーがいます。

かなり簡単に書いておりますが、それと同じような流れがここにもあるのも、とても興味深い一面であります。

つまり、私のアタマの中では、ダブルエンダー=スタンディング「なべぶた」なのです。

あー、やっと一つまとまってきました。

ダブル・エンダーはリニューアル完了後のサイトから登場いたしますので楽しみにしていてください。


で、今朝からトレーニング再開しました。年明けからアルコールもほとんど口にしておりません。考えていることを実践してみるにはパドルと足腰を強くしてカラダを整えておかなければいけません。

木曜どうでしょう


さて、棚卸しやるか…。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!