MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2505] [2504] [2503] [2502] [2501] [2500] [2499] [2498] [2497] [2496] [2495]

春用のウェットスーツ集合の図です。一番手前が新しく作ってもらった、AXXE CLASSICのジッパーレス3mm SUL。その隣は2011年、ちょうど3年前の同じく3mm SUL。ロンスプはSTEAMERの3/2mm エクスタジャージ。ちょいと隠れているのがAXXE CLASSICネックインの3mm。

こうやって見るとジャージばっかり。ラバースキン派だったのが、いつのまにかすっかりジャージ派になってます。

スキンはSTEAMERのネッスルスキンの3mmフルスーツとAXXEの4/3mm(真冬用)ネックインスーツのムネと背中に使っているくらい。

ラバースキンとジャージはどう違うのかというと、表面に使っている素材がラバー素材かジャージ素材かという違い。「風は通しません」というタイトルで前にも書きましたが、芯材というか中身はクロロプレンという同じ素材です。

もちろんスキンが柔らかさや着心地で劣るわけではありません。ネッスルスキン、着心地いいです。

AXXE CLASSICのSULはもう何度も書いているとおり、軽い着心地でほとんど手放せない状態です。STEAMERのエクスタジャージは柔らかさの中に適度にコシがあって、「何かこう」言葉では言い表せない良さがあります(柔らかい、柔らかいと言いますが、本当はウェットの生地はただ柔らかいだけじゃだめなんです)

ジャージばっかりになったのは、たぶんこの二つの素材のせいだと思います。

ちなみに2011年に作って、春秋x3シーズン使ってきたSULの3mmフルスーツは今月出来てきたばかりのフルスーツとほとんど変わらない柔らかさをキープしています。さすがに生地の縫い目は少し固くなって、水が入ってくるようになったと感じはしますが、寒くない季節ならまだ使えそうです。

特別な手入れはしていません。脱いだらポリタンクの残りのお湯でくちゃくちゃとすすいで干しているだけです(私のは良くない例 笑。正しくは常温のたっぷりの真水で塩分をしっかり洗い流しましょうです)。こんなに長く持ったらウェット屋さんもうからないじゃんと思います 笑。

3mmのネックインは先月、曇りで北風の日(大雪の前日)に着て波乗りしてみましたが、寒くありませんでした。推奨はしませんがこれで冬越せそうです。

ジャージ軍団、店頭にぶら下がってますので引っ張って伸ばしてみてください。


明日は少し波がありそうです。ニーボードは明日は封印。煮詰まってきてはいますが、ちょっと間をおいてまた試してみようと思ってます。6.6のダブルエンダーと6.8のプリモ積んで行ってみます




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!