MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2518] [2517] [2516] [2515] [2514] [2513] [2512] [2511] [2510] [2509] [2508]
ネットでピアヒでの波乗りの話を読んでいたら、すっかり夕方近くになっていました。大きな波にチャージする話は心を奪われます。そしてやる気も出てきます。

やる気といっても大波にチャージするわけではありません(出来ません)。ただただ、自分の波乗りに対するやる気です。

波乗りというのは海に出て沖からやってくる波を捕まえ、それに乗るという行為です。でも海の上にいるときだけが波乗りではありません。

うねりや風向きを予測し、潮の時間を見ていい波が立つときを予測するときから波乗りは始まります。でも、大抵の人は社会の一員として仕事もあるし家庭もあります。波は人間の予定には合わせてくれませんから、それぞれが自分の生活に沿ったスタイルで波乗りと向き合います。

波がいつ良いのか分かっていたとしても、仕事があればベストなコンディションのときに海に入れることはなかなか難しい。だから自分が海に入れる時間なら、小波でもオンショアの波でもとにかく波があれば入る、というのも立派なスタイルだと思います。

波乗りをするには身体のことも大切です。持久力、瞬発力、柔軟性、波乗りはいろんなことを身体に要求してきます。

海へ行く時間もトレーニングする時間もなければ、通勤電車の中でドローイングをやってみたり、家へ帰ってビールを一杯の前に、ちょっとだけスクアット、寝る前はストレッチ。なんていうのも立派な波乗りです。

食べ物だってそうです。できるだけソリッドな食事をしてタバコは減らす、アルコールはほどほどに(私はこれがむずかしいんだなあ…つい飲んじゃう)ついでに余分な体脂肪も減らしちゃう。

どれも難しいことだらけですが(笑)海で波待ちをしている時までのプロセスが自分の波乗りです。いい波の日に出会ったら自分がやってきたことの発表会です(人に見せるためというのではなく自分自身の、という意味です)

台風のときにクラシックポイントに入ってその他大勢になってしまうなら、自分にとってのクラシックな波を探しましょう。自分で勝手に思い込めばいいんです。それが自分の波乗りです。

たとえ初心者でも、週に一度しか海に行けなくても、そうやって波乗りと向き合っている人は何か感じさせるものを持ってるもんです。



腰の調子も良くなってきたし、そろそろトレイルも再開しようと思います。それには走力をつけなければいけません。

トレイルランニングは好きでやってますが、それも最終的には自分の波乗りにつながると思うと、余計に楽しかったりするもんです。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!