MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2555] [2554] [2553] [2552] [2551] [2550] [2549] [2548] [2547] [2546] [2545]
ポール・ウィツィグ氏の三部作についてもう少しだけお付き合いください。もう少し何かでてこないかと、ネットで検索してみるとサーファージャーナルに出ておりました。

3年くらい前のこの号です。マット・ワーショー氏がこの三つの作品についてかなり面白い文章を書いておられました(読んだ記憶なし…)


(しかしこの写真はいつ見てもすごいです)

ウェイン・リンチを除いて、他のサーファーたちが短くなったボードに対応しきれていないと、私と同じことを書いてありました。私も思いましたもん「お、ジョーイ・キャベルだ!…あれれ??」って。

記事では同時代の「MORNING OF THE EARTH」や「FIVE SUMMER STORIES」と比較して、辛らつな批評をくわえながら、この三作品が持つ意味を高く評価もしています。

日本のメディアもこのくらいフェアだったらいいのにと、言っても仕方がないことをグチってみたりしますが、興味ある人はサーファージャーナル vol.20 #4読んでみてください。

サーフボードがロングボードからショートボードに変わっていく過程をこの三作品を通して見て、現代のロンガーが短いボードへ無理なく移行していくのに、必要な要因のひとつが分かってきたような気がしています。

そのうちにまとめてみたいと思っております。


すぐれたサーファーであり海洋学者でもあった、リッキー・グリッグ氏が亡くなられたようです。細い身体でかっこよく大きな波に乗る大好きなサーファーの一人でした。英語で訳がわからないながらも、彼が著した海洋学の本も持ってます。

Rick Grigg, 1937—2014 from ENCYCLOPEDIA of SURFING videos on Vimeo.


ご冥福をお祈りします。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
ご冥福をお祈りします。
Yuji URL 2014/06/01(Sun)19:43:09 [編集]
Visitor Map
Create your own visitor map!