MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2554] [2553] [2552] [2551] [2550] [2549] [2548] [2547] [2546] [2545] [2541]
昨日はウェイン・リンチが着ていたショートジョンのデザインを真似しようと、ミーハー的な見地(笑)からEVOLUTIONを引っ張り出してきて見ていました。

EVOLUTIONはオーストラリアのポール・ウィツィグが1960年代の終わりから1970年の初めにかけて、発表した三部作の真ん中の作品です。最初の作品は、このブログで何度も登場しているHOT GENERATIONです。

HOT GENERATIONはロングボードの時代の本当に終わりごろ。ロングボードのデザインとしては現在のクラシックボードに共通している部分が多く、(ロングボードを考える上で)私が一番気になっている時代だということはすでに書きました。

そして、三番目の作品がこれ。SEA OF JOYです。


EVOLUTIONを見て、その後サーフボードがどうなっているか気になって、引っ張り出してきました。

EVOLUTIONの中だけでも、作品の最後のあたりに登場するボードは冒頭のサーフボードと比べて、変わってきています。それだけ変化が著しかったということだと思います。

SEA OF JOYでは、サーフボードにはロングボードの片鱗はほぼ残っていません。でもショートボードと呼ぶには、今の感覚からすると長いです。今で言うミッドレングスの短めくらいです。

面白いと思うのは、登場するサーファーたちのライディングです。

HOT GENERATIONはロングボード。マニューバは完全にロングボードのそれです。それがHOT GENERATIONになると、急にボードが短くなりますが、登場するサーファーたちの多くがボードに対応しきれていないのです(その中でウェイン・リンチだけが独り飛びぬけている感じです。)

ボードのデザインも様々です。

そんなところが最近の流れ、ロングボードに乗っていたサーファーが短いボードに乗り換えてくるという動きと重なって見えて、とても面白いのです(違う点は、映像の中の時代から約20年間はロングボードは忘れ去られていたということです)

この三部作の中には、フィッシュのリバイバル以来、いろいろな方向へボードのデザインが進み、本当に多種多様なボードデザインが存在する今にあってどのように自分に合うボードを選び出して、どうサーフィンを楽しむかというヒントが多いにあるようで、とても興味深いです。

SEA OF JOY、続きを見たいと思います。ウェイン・リンチが乗っているボードを見ているとプリモに乗りたくなります。

テッド・スペンサーが乗っているスタンディングVELOみたいなのが気になります。タイガーさんも登場しています。

EVOLUTIONはリアルタイムでカツさんは見ているので、その前後の話を今度聞いてみたいと思います。こういう映画は時代背景を理解する必要が多いにあります。

DVD欲しい人はここで買えます。
http://witzig.com.au/surf/films/creator/1/2/774#product

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!