MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 3 4 5
11 12
16 19 21
22 26
29
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2628] [2627] [2626] [2624] [2623] [2622] [2621] [2620] [2619] [2618] [2617]
以前、台風で少しサイズがあがった海で波乗りしていたときのことです。沖で波を待っていると、男女のカップルサーファーがパドルアウトしてきました。彼女はどうみても今日初めてでしょといった感じ。ロングボードにペタリと胸をつけてパドルもままならない感じですが、チャネルのカレントに乗って沖へ出て(流されて)きます。彼氏は多少パドルがしっかりしているものの、そんなに変わらない感じです。

二人は沖へ出てくると、彼氏は彼女をチャネルに残して波が崩れている方へパドルしていきました。「おい、そこに彼女残していくか?」と思いつつ、しばらく見ていました。

波はそれほど大きくないとは言え、コンスタントに入ってくるので流れもそれなりにあります。チャネルに残された彼女は沖へ少しずつ流されていきますが、本人は気が付いていません。

彼氏はどーした?と探すと、チャネルを挟んだ向こうのポイントでバチャバチャやってます。その間にも彼女はどんどん沖へ…。

ありゃ、助けてあげなくちゃだめだな、と思ったら一緒に入っていた知り合いも気になっていたのか、彼女へ向かってパドルを始めました。

と、ちょうどそのときです。チャネルでも波のトップが崩れるくらいの大きめのセットが入りました。

彼女はそのスープに巻かれて無事(?)に元の位置へ戻ってきました。そんなところに置き去りにして彼氏ひどいじゃんと、仕方が無く隣のポイントまで彼氏に知らせに行こうとすると、ようやく彼氏が気が付いたのかチャネルへ戻ってきて二人で上がって行きました。

彼氏はそこが波が崩れてないから安全だと思っていたのか? …ったくもうの人騒がせなカップルでした。

このブログをご覧の皆様はこんなことは無いと思いますがもう一度、離岸流のことを考えてみてください。お子さま連れで遊びにくることもあると思います。

とても分かりやすい動画がありました。堤防の脇にすごい勢いのカレントがあります。


通常は岸へ向かって崩れる波が水深の深いところ(波が崩れていないところ)を通って沖へ戻るときに離岸流が発生しますが、建造物があるとそれに影響されます。上の動画で堤防の先にテトラがT字型にヘッドランドのように入っていたりするとかなり危険です。

テトラが沖に横一直線に入っているときには、テトラの両脇から波が入ってきていると、沖のテトラに向かって離岸流が発生します。テトラの内側は波が消されて安全そうに見えますが、沖へ向かう流れがあります。

普段、テトラが無いところでサーフィンしていると分からないことかもしれません。私は昔そう言えばあそこの海で…と思い出して、改めて勉強になりました。

まだまだ台風シーズンは続きます。事故が無いように楽しみたいものです。波の力はすごいもんです。無理はいけません。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!