MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 3 4 5
11 12
16 19 21
22 26
29
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2631] [2630] [2629] [2628] [2627] [2626] [2624] [2623] [2622] [2621] [2620]
こんなに波が無いのも珍しい夏の湘南サマー。アタマまで変になってます。走ってるし、体幹トレーニングもしているけど、これだけ波が無いとそれのモチベーションも下がり気味ですが、そんなときに毎度一発効くのがこの映像。

テリー・フィッツジェラルドのジェフリーズベイ。後半部分はいつ見てもテンション上がります。

あんな波には乗ったことはありませんが見ていると、もう最高!!という感覚が伝わってきます。

いい波に乗ったときの感覚…、サーフィンっていろんな感覚の集合体だと思います。思いつくままに書き出してみます。

ボードが滑り出して波の高いところから、水の斜面を滑り降りているときの滑らかさ。加速感。

ボトムでモモに力を込めてターンしているときに感じる重さ。遠心力。

波の一番高いところでボードを返したときの、ふっと身体が軽くなる感じ。浮遊感。

崩れる波に合わせて一緒に滑り降りる、一体感。

ボードを波の高いところへ持っていきながらレールを切り替えし、それまでのスピード全て使い、波の表面をサーフボードで削り取っていくような感覚。

サーフボードを柔らかく受け止めてくれるスープの感触。

再び波を滑り出し、波のカールにテールを持ち上げられながら、波の力を感じるポジションにボードがロックされるような感覚。ボードの下には何も無いんじゃないかと錯覚してしまう瞬間。

あれが、locked in ?

こんなことを妄想しつつモチベーションをキープしています。


エンドレスサマーのケープセントフランシスのうらやましいシーン。最後の波でロバート・オーガストが「ロックドイン」してます。


青春映画(アメリカン グラフティ)のエンディングソング、オール サマー ロング。エンドレス・サマーと同じような意味だと勝手に思ってます。昨日から涼しくなっちゃいましたが、まだまだ夏は終わってません。


波よ来~い!

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
<< HOME 処暑 >>
Visitor Map
Create your own visitor map!