MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2703] [2702] [2701] [2700] [2699] [2698] [2697] [2696] [2695] [2694] [2693]
新しく作った9.6のロングボードにはあえてノーズコンケーブを入れませんでした。特別に何か深い考えがあった訳ではなくて、丸く削っただけの引っかかりが無いレール、シンプルな緩いラウンドボトム、緩く入ったロッカー、それに1本のフィンというサーフボードの最低限の機能だけでサーフィンしたいなあと考えたからです。

ノーズコンケーブがあるとノーズへ出て行くと、コンケーブに集まった水の流れがノーズを持ち上げてくれるように働きます。抵抗になるのでボードのスピードが落ち、ノーズにより長くとどまることができるしくみです。


ノーズコンケーブが無いボードでは前へ出て行っても、コンケーブのようにきっかけを作ってくれるものはありませんが、逆に滑らかさを感じたのが新鮮でした。普通にパドルをしていても、テイクオフのときも、波に乗っているときも何かが違う感じでした。

9.6に乗って以来、ずっとその感覚が残っています。考えてみるとノーズコンケーブはブレーキの役割もしているわけですから、ボトムが丸くて何もないボードとは滑る感覚が変わってきてもおかしくはありません。

ノーズに乗るにはノーズコンケーブがあった方が有利だと思いますが、ノーズコンケーブが入っていないロングボードも多いに「アリ」だと思いました。ひたすら滑らかで気持ちいいんです。



同じスペックでコンケーブを入れてもらって作ってみるのも面白いかもしれません。


今日は午後遅くにオフに変わったみたいですね。このままサイズダウンして、明日は厳しいかもです。明日の夜からは南西がまた吹く予報です。以前の予報では、火曜に沿岸がオフに変わる予想でしたがしばらく南西風が吹きそうです。

どこかで風が変わってくれればいいんですけどね~。

しばらくはまた「待ち」ですが、この間に新しいボードのプランをいろいろと考えてますのでお楽しみに!







この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!