MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2704] [2703] [2702] [2701] [2700] [2699] [2698] [2697] [2696] [2695] [2694]
ウェットスーツのご注文は今が最盛期。明日はもう12月ですので、今年のうちに欲しい!という方は来週いっぱいくらいならまだ間に合いますので、お早めにご相談ください(メーカー、モデルによってはすでに年明けになるものもあります)

昔は冬のウェットスーツは5ミリというのが当たり前でしたが、今では真冬でも薄手のウェットでも暖かく波乗りできるのはありがたい限りです。生地が薄いと当然ですが身体を動かすストレスも減ります。「どっこいしょ」テイクオフが「よっ」くらいの軽さになって、腕もクルクル回ります。

ストレスが減るので身体への負担が少なくなって、必然的な結果として疲労感が減ります。

冬の海で寒くて仕方が無くなってしまう原因はウェット内部への冷たい水の浸入が一番だと思います。首、手首、足首、ジッパーなど、開口部からの浸水。それから生地自体からの浸水。まだ新しいんだけどなあというウェットで多いのはお尻まわりです。波待ちでボードの上に座っていると体重とボードの浮力のプレッシャーで、ラバー内部の気泡がつぶれて水が浸みこんできてしまうようになります(リペアで修正できます)

一箇所でもそんな部分があると、身体全体が寒くてたまらなくなってしまいます(私も含め、みなさま経験あるのではと思います)

寒い時期は一箇所でも身体を冷やさないことが大切なのです。だから今日のタイトル。

…です。

手と足を冷やさないと暖かさが違います。足湯やったことがあると思いますが、あれと同じリクツです。末端を暖めると血行が良くなって体温があがります。

でも、いますよね。感覚が変わるから裸足の方がいいという人。そんな人には、いつからブーツ履いてませんか?と聞いてみたいです。ブーツも進化してるんです。

それでもどーしてもというなら、仕方ありません。でもグローブとヘッドキャップは着けてください。

ノーブーツで、グローブとヘッドキャップう?!と思うかもしれませんがブーツ無しで、ヘッドキャップとグローブの分暖かいです。裸足は自己主張ということにしましょう。

昔、カリフォルニアで見たことあります。ロングジョンにブーツとヘッドキャップの人。

ノーブーツで、グローブとヘッドキャップの理由に全然なっていませんが、逆にかっこいいと思いますよ。少しでも暖かい方がいいに決まっています。

手足頭を冷やさないと、真冬でも3.5ミリのネックインのジャーフルで全然平気です(一般的に推奨はしませんが、寒がりじゃない人なら平気です。動きむちゃくちゃ軽いですよ)今年の2月、真冬用をリペアしているあいだ、それでやってました。この日です。

ヘッドキャップは今年から使い始めましたが、波待ちの時間が長いときにかぶっていると快適です。上の写真のフードは首も温めてくれるのでより暖かいし、首から水が入らなくなります。

サーフグリップのストレスフリーフードという製品ですが、本当にストレスありません。目がちょっと細くなるくらいです。暑くなったらパーカーのフードのように後ろへ脱いでおくことができます。


真冬のお日さまが出ていない北風(オフショア)ピープーの海の上でもほっこり和めます。本当です。浸水が少ないウェットスーツとブーツグローブヘッドキャップのフル装備のなせるワザです。

寒い日には街を歩いているときに手袋するしニットの帽子をかぶったりもします。海の上でもそれと同じ。寒くなればブーツグローブヘッドキャップは当たり前です。

冬もキープサーフィンで。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!