MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2707] [2706] [2705] [2704] [2703] [2702] [2701] [2700] [2699] [2698] [2697]
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、アメリカのバードウェルが日本語のサイトを立ち上げました。

http://birdwelljapan.com/

MENEHUNE BEACH STOREも販売店のリストに入れてもらっています。

ちょっと前にBIRDWELLファミリーが工場の経営から引退して、これからどうなるのかと見守っておりました(BIRDWELLというのは、創業者の女性の旧姓です)

ありがちですが、資本をもった大手のアパレルメーカーに買収されてライセンスビジネスに、なんてなってしまったら、昔ながらの手作り感満載のUSAブランドが失われてしまうことにもなりかねないので、いままで履き続けてきたファンの1人として心配でもありました。

でもご安心ください。バードウェルは変わりません。

子供の頃からバードウェルが大好きで今のスタイルを守っていきたいという方が新しいオーナーになって、ブランドと工場をそのまま買い取り、これからも変わらないスタイルで続けていくそうです。

これからもサンタアナの工場でいままでと同じお針子さんたちが、いままでと同じように作り続けていきます。

以前は工場へ行きたいと言えば、朝の6時だったらいいわよなどと、アンタ会うのが面倒くさいだけでしょう、という対応だったのも懐かしいお話ですが、こんな人たちが作ってくれています。


開かれたBIRDWELL…です 笑

うちで買って欲しいのが本音ですが…日本語のサイトがあるくらいですから日本からも注文OKです。

こっちのロゴマークでぜひ、プリントTEEを復刻してくださいとプッシュしておきました。

微妙に違うんです。サイトのロゴと比べてみてください。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!