MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
無題(返信済)
(11/10)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2754] [2753] [2752] [2751] [2750] [2749] [2748] [2747] [2746] [2745] [2744]

ブギー ツインフィン。一番新しくラインアップに加わったモデルですが、人気があるモデルです。フィッシュのようですがフィッシュとはちょっと違う。普通のツインフィンともやっぱり違います。

ブギーのコンセプトは70年代にさかのぼります。カリフォルニアのフィッシュに影響を受けたハワイアンのリノ・アベリラが自らシェイプしたツインフィンを70年代のはじめに鎌倉に持ち込みます。そして、そのスピードを目の当たりにしたカツさんが、そのときのボードを復活させたものがこのブギーというモデルです。

フィッシュお好きな方なら、カリフォルニアのフィッシュからハワイのリノ・アベリラ、そしてマーク・リチャーズのツインフィンへと進化していったことをご存知だと思います。そんなフィッシュの歴史的に見ても、ブギーのルーツはまさにその進化の過程の中にあるのです。KK FISHも実はブギーの開発過程からスピンオフしてきたものです。

カツさんがずっと試作を繰り返していたのを実際に目にしてきています。この写真は2011年のものです。今よりもちょっと短いように見えますがブギーの原型ができつつあります。

今思えば、カツさんこのボード(ブギー)が作りたかったんですね、という気持ちです。

ブギーは浮力が大きく、波のキャッチが速くて小波からもスピードを引き出してくれます。ボード自身に重量を持たせているので、テイクオフして立ち上がるとボードが自然とボトムへ向かいスピードを付けてくれます。そこから踏み込んでいくとさらにどんどん加速していってくれます。

小波でも楽しいのですが、ムネ~アタマくらいのきれいな波を走らせると、またボードへの認識が改まります。きれいな波のフェイスでボードを踏み込んだときのレスポンスは、特別な感覚です。


フィンのセッティング、アウトライン、ボリュームのバランス、レールとボトムのシェイプ。すべて完成までに長い時間がかかっているブギーですが、誰が乗っても楽しめるフレンドリーなボードだと思います。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!