MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
無題(返信済)
(11/10)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2753] [2752] [2751] [2750] [2749] [2748] [2747] [2746] [2745] [2744] [2743]


ハワイイなロングボードが2本やってきました。ユーズドボードです。普段自分が使っているロングボードのぽってりした雰囲気とは違ってレールもボトムも全体のボリュームもシャープな雰囲気です。

あまりに違うので興味しんしんにチェック中です。

最近ご無沙汰のハワイですが、思い出してみると、クラシック系のロングボードの人もいますが、やっぱり多いのはビュンビュンとダイナミックに動く波乗りです。それでいてノーズも上手。ノーズに指をかけたまま、長いフェイスをシャーっと滑ってきます。

ノーズから素早くもどったら、すかさず大きな弧をえがくラウンドハウスカットバック。

そんなのがハワイアンスタイルのロングボードのイメージ。ダイナミックなんです。

この2本は同じシェイパーさんが削った、タイプの違うロングボードなので比べながら見ているととても興味深いです。

スクエアテールの方は、小波でのクルージングを意識して、ボトムのフラットな部分がラウンドピンよりも多く残してあって、ノーズとテールにボリュームが付けられています。ラウンドピンテールはノーズ、テールがより薄く、VEEがよりしっかりと入れられて、いかにも軽くマニューバできそうなシェイプです。

ちょっと前に行ったハワイで、サーフガラージの山口さんに借りたロングがEPSでまさにこんな感じでした(ユーズドの2本はEPSじゃありません)あのときは慣れて乗れるようになるまでちょっと時間かかりましたが、最近トライフィンにまた乗り始めたので、いまならすぐに乗れるかな。

どちらも幅が少し広めなのは日本用にシェイプされているからだと思います。

7’7”のOKIDOKIのせいだと思いますが、最近こういうロングボードにも興味ありです。シングルスタビというのが多いに気になるところです。

普段重たいクラシックなロングボードに乗っているロンガーさんに試してみて欲しい軽量ロングです。重たいシングルフィンでは厳しいコンディションで乗ると面白いですよ。重たいシングルとは乗り方変わって、マニューバの練習にもなります。

ハワイアンスタイルのロングボード、見ていたらいろいろ思い出してハワイに行きたくなってきちゃいました…。

とっても懐かしいHAWAIIAN STYLE BAND 。CMが入っているのもなんかいいです。


これも~



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!