MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[293] [292] [291] [290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283]
下の文は昨日からアタマを悩ませて2日かかって書いた、お問い合わせのメールへの返答メール。サーフボードをカスタムする楽しさってどんなことだろう?メルマガネタにしてみよう。


おそらく浮力が大きなクラシック系のボードではテイクオフは楽でも、重量がありコントロールが難しい。逆にコントロールが容易なボードでは、テイクオフがうまく行かないことがある…。こんな感じなのでしょうか?

テイクオフが楽で、コントロールしやすいボードというのも存在します。けれどもそれをボードがたくさんならぶショップの中から見つけ出すのはボードを見る眼も必要ですし、なかなか大変な作業でもあります。うちの店でもクリステンソンのアグリースティックなどお勧めできるボードはありますが、カスタムというのはどうでしょうか?ニューボードに同じようなオールラウンドタイプのボードを選んでも、いまの状況が大きく変わるようなボードとの出会いの確率は低いかもしれません。

私のところでは川南活というシェイパーのカスタムボードを扱っています。これまでかなりの数をお作りしていますが、店置きのボードは無く、すべてお客さまとの会話から要望や悩みをお聞きしてそれを数値にしたり、会話しながら感覚的にシェイパーに伝え一本ずつお作りしています。もちろん出来上がったボードの性能には自信があります。

テイクオフが容易で動かせるボード…というイメージでしたら、いくつかのデザインがありますが、まだ初級レベルというのでしたら、現在お使いのボードよりも若干幅をだし、ボードのセンターでしっかり浮力をとってレールは扱いやすいように薄めに落としていくようなシェイプもひとつのアイデアです。パドル時に胸が乗る部分のボトムはスムースに速いパドルができるように(=幅と相まって安定感が増しテイクオフが速くなります)フラット気味~テールにかけてVEE、テールはきつくならない程度にロッカーをつければコントロールも容易になってきます。フィンはスタビでいいと思いますが、シングルでも面白いと思います。

上のご説明はいただいたメールからの私の勝手な想像ですがいろいろとお話をさせていただければ、どんなシェイプがいいのか解ってくると思います。ご来店いただける時間がなかなか取れないようでしたら、メールのやりとりで考えていくこともできます。

カラーはもちろん、ご希望通りに作ることができます。

長々と書いてしまいましたが、カスタムは自分だけのデザインを作り出すということです。店置きのボードを購入するのには無い楽しさがあると思います。

MENEHUNE BEACH STORE
宮嶋憲士

東京都町田市原町田2-2-5 オードリービル102
Phone&fax 042-732-1206
http://www.menehune.on.arena.ne.jp/
menehune@mbp.ocn.ne.jp
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!