MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2903] [2902] [2901] [2900] [2899] [2898] [2897] [2896] [2895] [2894] [2893]
お知らせ:8月26日は法事のためお休みいたします。よろしくお願いいたします。

アメリカでハンドメイドの自作飛行機を作って飛んでいる人の話をテレビで見ていて、飛行機の重心の位置についての話が気になりました。

飛行機は乗員も含めて、機体の前方寄りに重心があることが全体のバランスに絶対必要な要件だそうです。後ろ寄りにあると機首が上を向いて失速してしまうからです。そういえば紙飛行機を作るときも機首が重くなるように、先端を折り曲げたり、紙を錘(おもり)のように重ねて貼り付けたりしたことを思い出しました。

推進力と翼の揚力と機体前部の重量とのバランスを変化させることで機体をコントロールしていることが想像できます。

それで考えたのがサーフボードのことです(何でもそこへ結び付けますね…笑)

重心という言葉は引力に対して使われます。飛行機は引力に逆らって飛ぶ訳ですから重心になりますが、サーフボードの場合は違ってきます。サーフボードの場合は海の上に浮かんで波の上を滑るのですから、海水からの反作用の力、つまり浮力のバランスがどうなっているかが飛行機における重心に似た意味合いになると考えました。

浮力の中心。海の上に浮かんだサーフボードに点で力を加えたときに一番安定する場所。間違えていないと思います。

その位置がどこにあるかでサーフボードの性格が変わってきます。というよりはサーフボードの性格に合わせて浮力の中心点の位置、つまりボリュームのバランスです。

トライフィンとシングルフィン、クラシックな大きなロングボードとパフォーマンスタイプのロングボード、その他にもいろいろと比べてみるとボリュームのバランスとボードの性格との相関関係が見えてきます。

これ、ちょいと面白そうなので、もっと簡潔に書けるよう考えてみたいと思います。しかし、毎度ややこしいことを考えているもんだと自分自身で思います。

ややこしい話が好きな方はお楽しみに。

ユーズドボード、アップしました。ホームページご覧ください。



それでは続きはまた後ほど。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!