MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2907] [2906] [2905] [2904] [2903] [2902] [2901] [2900] [2899] [2898] [2897]

愛用のニーマシーン、磨いてやりました。ノーズがぴかぴかだとパドルアウトのときや波待ちのときにきれいです。ボトムはつるりときれいな方がいいに決まっています。

フィンも変えてみました。2+1かトライかで迷っているときにテスト用に買ったプロコアの硬くて軽いフィンです。試行錯誤していたときとは違って、今度はトライでフィンの位置も決まっています。

活さんのトライフィンのテンプレットよりもフィンのティップが細くなって、ベースは少しだけ広め。これでどう変わるのか楽しみです。

前回やったレフトの波がずいぶん良かったので、いまだにこのニーボードを見ては思い出しております。南西うねりのときはいい波です。

5’6”あるかないかの小さなボードですが、パドル+足ヒレのおかげでテイクオフは最速です。小さいのでパドルアウトは若干かったるいですが、それをおぎなって余るほど何度も沖へ出て行く面白さがあります。

波により近いとか、よりクィックに動けるとか、波のパワーをダイレクトに…などといろいろとニーボードの面白さを表現しようとしてきましたが、最近思いついたことがあります。

ニーボードはヒザ下がすぐにボードなわけですから、ボードとの一体感がひじょーに強い。立ち上がるとバランスをとってボードをあやつる感覚ですが、バランスをとる必要が無いヒザ立ちはボードと身体がほとんど合体状態です。

そのサーフボードと身体の一体感がニーボードの一番の気持ちよさなんじゃないかと思います。

こんな感じです。ゲッター3。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!