MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2908] [2907] [2906] [2905] [2904] [2903] [2902] [2901] [2900] [2899] [2898]
昨夜、テレビのチャンネルを回していたら(昔は回してたのです)真っ黒な顔をした中山ミポリンの顔が…ホイチョイプロダクションの「波の数だけ抱きしめて」やってました。

1991年の映画で舞台は1982年の湘南。登場するビーチハウスは確か千葉の千歳だか千倉だかでロケをやっていたはずです。

使われている小道具はベタな80年代を感じさせるものばかり。音楽はくさいくらいにメロディアスなAOR。不自然なくらいに真っ黒な日焼けメイクの中山美穂と松下由樹の顔を見ていたら、その昔(今もあるのか?)売られていた、ダモン・ブロンザーという顔に塗って色を黒く見せる男性用化粧品を思い出しました。

そんなんあったんです 笑。天宮良がテレビCMやってました。

ストーリーはこれまたベタな青春ラブストーリーですが、それなりに面白くて公開当時は、またホイチョイと思いながらも結構真剣に見た記憶があります。ちなみにサントラは買いました。

名セリフ、「スキーじゃないの、裏に塗ってどうするの~」


松下由樹が50ccバイクのPOP GALにノーヘルで乗ってますが、この映画の時代設定の82年はまだヘルメットかぶらないでも乗れてた時代でした。

映画の中で織田裕二が使ってるラジオ、SONYのスカイセンサー、わたし持ってました。

ちょっと楽しい気分にさせてくれる映画です。ちなみに私はミポリンより、松下由樹です。

ホイチョイプロダクション、こんなのもやってましたね。YOU TUBEにたくさんあがってるので探して見てみてください。「カノッサの屈辱」面白かったんですよ~これが。


こんなのも。
https://youtu.be/5-x3KEXQCnQ




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
僕も当時を思い出しながら見ましたよ〜。
僕はミポリンです。(笑)
ムラ 2015/09/01(Tue)18:48:09 [編集]
Re:無題
携帯ない方が、ドラマが生まれますね 笑。
【2015/09/01 19:37】
Visitor Map
Create your own visitor map!