MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[2965] [2964] [2962] [2961] [2960] [2959] [2958] [2957] [2956] [2955] [2954]
気になりますね~台風26号。これからどうなるのか?海外の気象サイトなども参考にしながら予想していますが、いまひとつハッキリしません。

気象庁のサイトではこれから来週の後半にかけて北東方向へ進路を変えて北上してくる予想です。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/typh5.html
米軍のサイトも同様の予想をしています。

でも、このまま停滞じき消滅という予測をしているサイトもたくさん。そっちの方が多いです。

いずれにしても、ここ2~3日のうちには大きな変化は無さそうというのはどれも一致しているところなので、とりあえずは明日からの東うねりをチェックしたほうが良さそうです。

うねりと言っても小さいです。潮の時間を見て、ロングボードがベターだと思います。火曜の朝も少しできるかもしれません。

台風はとりあえずは様子見ですね。

今日はこれが届きました。AXXE CLASSICのアドバンスド・バックジップモデルです。今年はこれが一番人気あります。


モデル名のとおり従来の背中にジッパーがあるタイプです。


でもアドバンスド、つまり進歩したバックジップというモデル名のとおりに、今までのバックジップモデルとはかなり違います。

一番の違いはここです。

ただのインナーネックに見えますが、構造がまるで違います。バックジップはどうしても首に左右の合わせ目ができてしまうため、その部分からの浸水が一番気になるところでした。

このモデルはそれをほぼシャットアウトする構造になっています。首にフィットして浸水しにくい構造のネックに加え、侵入してしまった海水をスーツ内へ入れない新しい構造のインナーが取り付けられています。

袖口は手首を入れたあとに折り返す防水袖です。フラップドライスーツと同じ構造です。折り返しの袖は普通なんじゃ…?と思うかもしれませんが、最初から折り返してある構造の袖とは腕へのフィットが違います。より腕にフィットして防水性を高めることができます。


そして、ネックインスーツ同様に胸肩まわりに余裕を持たせた作りになっているので厚手の生地でもパドルが楽です。これが一番嬉しいところです。

バックジップですが防水性はネックインモデルと同等です。よーく考えられていると思います。

脱いだり着たりするのはバックジップと同じです。ネックインやジッパーレスはどうも苦手なんです、と言う人には絶対おすすめ、暖かいです。

構造はネックインタイプが一番シンプルなので、動きへのストレスは一番少ないと思います。昨日の記事のZEROのエアドームはジッパーレスみたいですが、通常のジッパーレスとは違うコンセプトのウェットスーツです。個人的はZEROのエアドーム、イチオシです。

もちろん良いことばかりじゃありません。

それぞれ長所があれば短所もあります。その長所と短所を自分の好きな点と苦手な点に合わせてどのウェットにするかを選べれば、より快適に冬の波乗りを楽しめるはずです。

ウェットも自分自身でたくさん試していますので、そのお手伝いは出来ると思います。迷っている方、なんだか良く分からない方、いつでもお気軽にご相談ください。

STEAMERさんは決して激安というわけではありませんが、いい素材を使いつつ価格を抑えています。水が冷たい北茨城で作られているウェットメーカーです。根強い人気があります。


キャンペーンはもうやっておりませんが、アドバンスド・バックジップ以前のブログに詳しいので興味がある方は読んでみてください。こちらです。






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!