MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3138] [3137] [3136] [3135] [3134] [3133] [3132] [3131] [3130] [3129] [3128]
春夏秋冬、気候が移り変わる日本では、それぞれの季節によって美味しい食べ物があります。いわゆる「旬」と呼ばれるものです。暑さや寒さ、降雨量などの気候条件が、野菜や魚など自然の恵みをより美味しくしてくれます。

食いしん坊の私は、こんなことを書いているとすぐにアタマの中が「今晩何食べようかなあ」になってしまって、どうやってもここから、タイトルのウェットスーツへアタマが切り替わらないのですが、「実はウェットスーツにも旬があるんです」と無理やり舵を切ってしまいます。

もちろん「旬」だからと言って美味しくなる訳ではありません。

それでもウェットスーツで美味しい部分は?と考えてみると、みなさん一番敏感なのはおそらく生地の柔らかさじゃないでしょうか。誰もが分かりやすい部分だと思います。店にぶら下がっているウェットを見ると、つい袖を引っ張って伸ばしてみたくなったりします。

けれどもウェットスーツの宿命、ラバーの宿命。使っていると時間とともにだんだんとラバーが硬くなってきてしまいます。

硬くなってきてしまうのは避けられないことですが、柔らかさを今までよりも長く持続させることができないか?と考えたのが素材のラバーを製造する時期です。

ウェットの素材になるネオプレーンラバーを製造するのに一番いい時期は真冬の気温ができるだけ低いときだそうです。この時期に作られたラバーは柔らかさが持続する期間が長くなるのです。製造メーカーにおよそ3割ほど長い期間、柔らかさが長持ちするというデータがあるそうです。

そして、そのラバーを使ったウェットスーツがこれです。

AXXE CLASSIC プレミアムゴールドラバー(仮称?)

ジッパーもロゴもSCSまで金色です(金色じゃないバージョンもあるそうですので、金色趣味じゃない人はご安心ください)

確かに触ってみると普段使っている生地よりも、モチモチ感が多いです(お尻の部分のみ従来の生地を使ってますので、比べることができます)結構違うもんだなあというのが正直な感想でした。

真冬に製造したラバーの原反を適切な管理のもとに保存して、今年の秋冬のウェットスーツに使ってしまおうというユニークな試みです。生地には限りがありますので、すべてのウェットにという訳には行かないのですが、来月10日前後から限定数量を設けて受注を開始するようです。

ラバーの製造時期で、柔らかさが変ってくるなんて知りませんでした。面白い取り組みだと思います。

オーダーの方は追ってお知らせします。フラップドライのプレゼント付き早期受注キャンペーンもやりますのでお楽しみに。


さて、九州のEさま。今日の出荷に間に合いました。BOOGIE行きまーす。


そして、ユーズドボードにカツさんのボンザーが入荷。むちゃくちゃ調子いいやつです。


若干、仕事が追い付いていない感が…。頑張ってますので、もう少しお待ちください。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
おはようございます、樹脂屋なので考察してみました。冬のラバーの柔らかさ。ラバーのゴム含量が高くなるとモチモチ感やネチョネチョ感が高まります。製造時の扱い=生産性は反比例します。また同じゴム含量でも温度でゴムの質が変わります。冬はゴム含量の高い素材を扱えている?夏はゴム含量の制約がある。もしくはゴムの質を保つ添加剤が夏はブリードアウトしていまう?面白い話しで乗ってしまいました。
kashi 2016/07/20(Wed)05:56:54 [編集]
無題
え、そうなんですか?! とても興味があるので、機会があればいろいろ教えてください。確かに冬場の気温が低いときの方がゴムが柔らかくなる成分が多く含まれるような説明でした。

でも柔らかさを保つ期間が長いと言うと、長持ちするというイメージになってしまうかもしれないので(ウェットの寿命イコール生地の柔らかさというわけではありませんから)、その辺の表現が微妙で、難しそうだと思っております。
menehune 2016/07/20(Wed)12:53:45 [編集]
Visitor Map
Create your own visitor map!