MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
2
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(07/06)
無題(返信済)
(06/08)
無題(返信済)
(06/07)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3168] [3167] [3166] [3165] [3164] [3163] [3162] [3161] [3160] [3159] [3158]

少ない容積で最も大きな浮力を生み出すのは空気です。水素やヘリウムなんぞを入れたら、それこそ飛んでいってしまいそうですが、自分の息で膨らましたサーフマットで波を滑ってみました。

久しぶりに持ち出したので、忘れていたところもありましたが、やっぱり波を滑るのは気持ちが良くて面白い。

サーフマット、何度か滑っていると、だんだんと思い出してきました。

いちばん大切なのはリラックス。柔らかいマットの上では自分の身体がサーフボードです。ロッカー、コンケーブ、レール、そしてフィンも自分の身体が作るのが面白いのです。

ボディボードとはかなり違います。

薄いラミネートの中に入っているのは空気だけですから、それがクッションになってくれるので波を滑る感覚はとても滑らかです。オンショアが入って、波の面が荒れていても関係ありません。空気がすべてを吸収してくれます。

なので波の大小にかかわらずスピードがでます。小さい波でも、いいポジションへ持っていくとびっくりするくらい加速して走ってくれます。

柔らかいだけに、最初は想像しているよりも難しいのも取り組み甲斐があるところです。簡単じゃ面白くない。何度も波を滑っていたらすっかり面白くなってしまって、ちょっと滑るなあと思ったデッキに滑り止めを塗りなおしました。

写真は滑り止め(ウェットボンド)を塗るのに空気圧を高めにしていますが、使うときにはマットが半分に折れ曲がるくらいの空気圧で使います。


サーフマットというと海水浴での遊具みたいですが、このサーフマットは波に乗れて、ターンどころか、カービングもできます。なによりスピードが最高です。

もう少し大きな波も滑ってみたくなって、しばらくサーフマットにはまってみたいと思っております。





お店用のMINI,今度はシングルフィンです。ご期待ください。


ブギーも出来上がりました。これは店頭用。気になっている方々に実際に触っていただきたいので、できるだけ店頭に用意しておくようにしています。

気になる方は触りに来てください。もちろんお持ち帰りもOKです。

それからレアなユーズドボードが入荷しました。

クーパーフィッシュの「DEVICE」です。ずいぶん以前に、うちの店からカスタムオーダーをお願いして作ってもらった懐かしいノーズライダーです。初期のクーパーフィッシュです。


いろいろと入荷しております。アップロ-ドしばしお待ちください。








この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!