MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3478] [3477] [3475] [3474] [3473] [3472] [3471] [3470] [3469] [3468] [3467]
準備がいい方たちにオーダーいただいた、真冬用のウェットスーツが出来上がってきています。まだちょっと早いですが、来週はもう11月。この時期は出来上がるまで一番時間がかかります。寒さが本格的になる前にオンシーズンで手許に置いときましょう。寒いと海の中で気持ちもしぼむというものです。

しかしウェットスーツの進化はすごいもので、各社さん工夫を凝らして、冬の寒い時期でも暖かくて動きやすいウェットスーツを考案してくださってます。

今日出来上がってきたのは、そんな中ではいわゆる「昔ながら」のスタイル、STEAMERさんで作っているフツーのバックジップスタイルのウェットスーツです。

「昔ながら」とは言っても昔はこんなに柔らかくて、裏に暖かそうな起毛素材がついたウェットスーツなんて着たことありませんでしたから、昔ながらなのは形(外見)のことです。

中身は見るからに暖かそうです。

オリーブ色の起毛は表は以前ご紹介したスキンのDRY MAXオリーブで、オレンジ色の部分はシェルターというジャージ表です。詳しくは以前のプログをご覧ください「ニューマテリアル 2017年9月29日 」

外側はもう10年以上デザインを変えていない、フツーのバックジップです。

下半身はスキンかジャージ、どちらかを選ぶことができます(最初の画像は下半身がオレンジ。ということは、下半身ジャージのスタイルです。どちらをチョイスするかは、オーダーの際にご相談に乗ります)

セミドライは春秋に着ることが多い、いわゆる3フルというフルスーツとはジッパー部分の作りが違っています。

背あての生地が大きくジッパー部分をカバーして、ジッパー部分からの浸水をできるだけ防ぐように作られています。着用すると身体に密着してくるので、これで防水効果はかなりあります。

このスーツには付けられていませんが、さらに防水性を高めるにはバリアネックというオプションがあります。浮力が小さいボードに乗っていて、波待ちでジッパー部分まで水に沈んでしまう方は付けた方が良い追加オプションです。

最近のハイテク(?)スーツとくらべるとかなりベタな、と言うか当たり前すぎる説明です。書いていて自分でそう思います。

使っているラバー素材と起毛素材は、有名メーカーにひけをとらない品質のものを使っています。ですので、価格は激安という訳にはいきませんが、できるだけ抑えた費用で、良い素材を使ったウェットスーツが欲しい、という方にオススメなのがこのSTEAMERウェットスーツです。

STEAMERは、水温が特に低いと言われる北茨城で作られ、長い間支持されてきたウェットスーツメーカーなのです。

詳しくはホームページをご覧ください。MENEHUNE BEACH STORE STEAMERサーフスーツ



タイトルの「パンダの日」。上野動物園にランランとカンカンがやってきたのが、1972年の今日のことだそうです。なつかしいお話しです。





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!