MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
4 6 7 9
11 14
18 20 21 23
25 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
自粛(返信済)
(05/09)
無題(返信済)
(04/26)
都内から(返信済)
(04/21)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3598] [3597] [3596] [3595] [3594] [3593] [3592] [3591] [3590] [3589] [3588]
ラウンドピンテールのロングボード、乗ったことありますか?私は以前、ラウンドピンばっかり乗っていた時期があります。理由は動きのスムースさが一番ですが、あとは見た目。スクエアの大きな四角いテールとくらべると、テールの先端までつながっていくラウンドピンの曲線はきれいです。



ノーズへ行くときにはスクエアの方が安定します。アウトラインがテールまで(ラウンドピンよりも)よりパラレル気味でレールがより長く入ることと、面積が大きいスクエアの方がテールを流れる水の量が多いためです。

ラウンドピンはその分、コントロールしている感覚が出てきます。とにかくノーズ、という人には「不安定」ということになるかもしれませんが、ラウンドピン全体の動きの軽さとスムースさの中ではノーズでボードをコントロールすることは、その中のひとつの要素だと思います。



スクエアテールのターンは、左右のレールを切り替えるイメージです。なのでキレはいいと感じるかもしれません。

ラウンドピンはターンしているときもレールが入り続けている感覚です。レールが途切れなく切り替わってターンして行く感じがします。ラウンドピンの軽いコントロールが加わるので、とてもスムースに感じると思います。ラウンドピンならではの感覚です。



このシェイプは、B52のラウンドピン ノーズライダーです。クラシックなソフトレールで、エッジは入っていません。ノーズロッカーはフラット気味でボトムにはノーズコンケーブが入り、テール近くでキックが入った、ノーズライダーのロッカーです。



きれいなアウトラインです。お楽しみに。

さてさて、私の9.9のグライダーを作ったブランクス、二本入ってきたうちのもう一本は、いろいろと考えた末、9.8のPIGを作ることにいたしました。もちろん、Dフィングラスオン。渋いの作ります。こちらもお楽しみに。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
写真集
「authentic wave」良かったです。見応えもあって。憧れた世界を一枚ずつ形にした、竹井様の写真達に感じ入りました。(あ、これはグラニスのあのカットだな、とか。
あ、ストナーの物語感だぞ、とか)、でも、オリジナルな感じが。。あと、印刷と製本も凄く良い写真集でした。
大切にしますね。
yama 2018/04/21(Sat)19:04:10 [編集]
Re:写真集
写真集、東西ふくめて久々の秀作ですね。私も永久保存版です。これからのロングボードの方向を導いてくれていると思います。
【2018/04/22 13:38】
Visitor Map
Create your own visitor map!