MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
7
12 14 16
17
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
無題(返信済)
(06/24)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
53
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3629] [3628] [3627] [3626] [3625] [3624] [3623] [3622] [3621] [3620] [3619]

先週末、ドイツへ仕事で行っていた女房が帰ってきたのを迎えに、羽田空港まで届いたばかりの新しいカングーで行ってきました。

実は今年になってようやく、携帯をガラケーからスマホに替えたのですが、知らないうちに(笑)世の中すっかり便利になったもんで、ドイツにいてもフランスにいても、ネットにつながるところなら顔を見ながら話が出来てしまうのにいまさらながらビックリ。

ひと昔前だったら、パソコンを立ち上げてメール、というのが海外にいる人との主なコミュニケーションの手段でしたが、そのへんにいるみたいに顔をみながら簡単に話ができてしまいます。しかもお金もかからないなんてやっぱりすごい。



それで、空港へ行くのには高速道路を使うのですが、スマホに続いてようやく、E・T・C…笑。初めてです。いままでずっと、料金所のおっちゃんに小銭を渡してました。

エンジンをかけると、ETCのカードリーダーの女の人が「カードを認識しました、有効期限は…」と話かけてくれるのですが、これで本当に料金所のあの赤と白のバーが開くのかいな?とビクビク。

第三京浜の都筑で初挑戦。幸い、交通量が少ない時間帯だったので後ろにクルマはいません。

いままで行き慣れた「一般レーン」の窓口のおっちゃんのところへついつい行きそうになるのを、「ETCレーン」へ突入です。もういちどミラーで後ろを確認しながら、小銭渡せるくらいにスピードを落としてますが、気持ちはGO FOR IT!か、EDDIE WOULD GO!です。

まあ当たり前ですが、通せんぼしていたバーがパッと開いたときの安堵感といったら…。



それで、無事第三京浜に乗って安心する間もなく、これまた初めて通るルートに挑戦です。

新しくできた横浜北線です。空港行きのバスでは何度も通っているのですが、自分で運転して通るのは初めて。

ちなみに横浜北線というのは、第三京浜の港北インターから新横浜あたりの地下を通って、生麦から大黒ふ頭経由で湾岸線につながっている首都高速道路です。

それまでは、羽田や成田へ行くのに第三京浜を横浜まで行って、本牧から湾岸線に入るルートだったのに、横浜、本牧、ベイブリッジをショートカットしてしまう新しくできたルートです。

ベイブリッジルートは何度も通って慣れているのですが、初めてのルートで、しかも分かりにくい首都高なのでかなり緊張 笑。

港北インターのジャンクションのランプウェイがとっても高いところを走っていて、眺めは良いんですが、この道いったいどこへ行っちゃうの~?と緊張をさらに高めてくれるのです。


入った分岐に不安になりつつ、前方に見慣れた湾岸線に合流しているのが見えたときの二度目の安堵感。ワキ汗びっしょりです。

無事、羽田空港国際ターミナルに到着しました。都筑のインターから30分もかかりません。ETCのゲートも空港まで三回。30分前の緊張はもう遠い昔のことです。



到着ゲートの建物に隠れていますが、エールフランスの特徴がある尾翼が止まって、こちらも無事到着。

事前精算機で料金を支払ってクルマへ戻り、パーキングの出口へ向かいます。

精算機に近づくと、何もしていないのにゲートが開きます。一瞬、ETC?と思いましたが、そんなあっちこっちETCで開くはずがありません。駐車券を入れようとしても入らず、「出庫してください」という声が…

駐車券をあらためて見ましたが普通の磁器式の券です。事前精算済みなのがどうして分かるの?


不思議でたまらなかったので、あとで調べてまたビックリ。

パーキングに入るときに、クルマのナンバーを機械で認識して、発券した駐車券とクルマのナンバーを自動的に関連付けているそうです。

それで、出庫しようと料金所に来たクルマのナンバーの駐車券が事前に精算済みだったら、自動的にゲートが開いて出庫できるしくみだそうです。駐車券の右下、よく見たらクルマのナンバーが印字されてます。

いろいろと、up to dateした一日でした。


up-to-date;【最新式の、現代的に、アップトゥーデイト】
日本語では「アップトゥーデイト」ですが英語発音は「アップタデイト」です。


世の中どんどん便利になってますが、古いクルマに喜んで、シングルフィンだのDフィンだの言っている私です。自分で使うものは、便利さよりもやっぱり好きなものです。

料金所のおっちゃんに「どうもー」と言って窓を閉めながら走り出すことももう無いのかなあと思うと、なんか物足りない気もしますが、こっちは便利な方が良さそうです(安くなるし)


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!