MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
4 6 7
11 13 15
20 22
24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(09/23)
(09/12)
無題(返信済)
(08/22)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3633] [3632] [3631] [3630] [3629] [3628] [3627] [3626] [3625] [3624] [3623]
2018年6月7日。湘南某所のシェイプルーム。ノックも無しにドアを開ける私の目に飛び込んできたものは…。

幅の広いラウンドしたテール、強いロッカー、レールの鋭いエッジ、そしてこのコンケーブ。


長さは5フィートほどで、注目するべきはその薄さです。ゲージで挟み込んで測ってみると、2インチを割り込んでいます。


ニーボードです。


シェイプしているのは、川南活さんのお兄さん。ZEROウェットスーツ主宰の川南正さんです。

川南正さんのニーボードの歴史は、1969年までさかのぼります。最初のインスピレーションは折れたロングボードのリシェイプ、というのは数年前のサーファージャーナル日本版にリクさんが書いた記事で読んだことですが、この辺は東西問わず同じ理由だというのは想像に難くありません。

スティーブ・リズ氏はピンテール好きだったので、最終的にフィッシュの形になったのですが、正さんはおそらくラウンドテールの方が良かったのでしょう。ボトムのコンケーブはどちらも同じです。私も一本持っていますが、実際かなりいいようです(自分で乗ってないっす)

フィンはグラスオンのトライフィン。薄すぎてFCSは無理だと思います。今シェイプされているのは二本。こちらもやっぱり薄いです。


出来上がりが楽しみです。

変わったサーフボード好きの方たちがよく「変態ボード」という言葉を使いますが、これらに比べればまだまだ生易しいかと…。


ウィングは入っていませんが、以前ご紹介したこのボードによく似ています。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!