MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1
8
12 14 15 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
(08/09)
(08/04)
外耳道外骨腫(返信済)
(08/03)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3760] [3759] [3758] [3757] [3756] [3755] [3754] [3753] [3751] [3750] [3749]
二本のニーボードを比べてみています。

まず、アウトライン。ノーズからセンター、その少し後方まではほぼ同じラインです。違うのは一つ目のウィングから後方です。


新しい方はウィングが入った分、テールが絞り込まれています。最後尾、テールエンドの幅はほぼ同じです。


ノーズ側です。二本とも元のブランクスは同じですが、重ねてみると新しい方(下)が少しだけカーブが付けられているように見えます。ボリュームは下の方が少ないのが分かると思います。


そのまま視線をテール側へ移して行きます。新しい方(下)の方が、テールのカーブも多めに付けられているのが分かると思います。


テール側から見たところです。今度は新しい方が上に来ました。


ここから見ると、上の新しい方がテールエンドまでコンケーブがしっかりと入っているのが、テールの曲線で分かると思います。下(今まで乗っていた方)はテールの形と見る角度で、VEEぽく見えますが同じコンケーブボトムです。テールエンドにかけてコンケーブは浅くなっていっています。

新しいニーボードの方が、コンケーブ深いのです。

コンケーブが深くなっているということはイコール、ボードのセンター周辺のロッカー(コンケーブの中のロッカー)はかなり強くなっているということです。

ノーズとテールへのカーブは、それぞれボリュームを落とした(薄くした)ことでロッカーが強くなったのだと思います。少しの変化ですが、変わってくるものは多いと思います。

それプラス、コンケーブの中のロッカーです。ここが一番大きく変わっているように思います。

これらの違いが実際に乗ってみてどんな違いになるのか、楽しみです。いい波で乗りたいです。

MRのツインフィンの動きがニーボードっぽく見えるのは私だけか。シングルフィン to スラスター(プラス、スターフィン)、面白いです。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!