MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
5 7
14 16
19 21 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
無題(返信済)
(11/10)
(11/09)
お大事に(返信済)
(11/02)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3755] [3754] [3753] [3751] [3750] [3749] [3748] [3747] [3746] [3744] [3743]
先週末、富士山のふもとにある忍野村(おしのむら)というところへ行ってきました。忍野村は富士山の北東部に位置していて、富士山の伏流水が湧き出す忍野八海という湧水池群とかやぶき屋根の古い民家が点在する静かな村です。

行動を起こしてみれば近いもので、自宅から中央道に乗って法定速度+10㎞でのんびり走って1時間半で到着してしまいます。早朝に下道で海へ行くのと変わりません(走行距離は長いですが)

それでも、いつも走っている裏山トレイルからあ山頂付近しか見えない富士山が目の前に。


手前の街並みは、白くて細長いもので有名な富士吉田市。少し高いところから見下ろすと、どこか懐かしい雰囲気です。すぐ下は駅。列車が近づいてくると踏切が鳴り始め、ホームに着いた列車から降りた人が街の中へ散って行きます。

しばらく見ていて気が付きました。懐かしさを感じるのは高い建物、高層マンションが無いせいです。

忍野村はこの景色の向こう側。正面に見える山を越えたところです。

そういうところだと聞いて行ったのですが、想像以上に透き通った水に驚きました。


底が見えていますが、水深4mあるそうです。どこまでも透明な水に晩御飯のおかずが泳いでいます。


試みに水の中へカメラを入れてシャッターを押してみました。梅花藻です。子供のころから川、海と水に親しんでいましたが、これほど透き通った水は初めてです。


いくつかある池を見て歩いていると、冬の早い夕暮れに富士山が。

きれいです。

これが宿。茅葺屋根も初めてです。


食事はマス料理。きれいな水で育ったせいか美味しいです。

刺身に。


塩焼き。


稚マスの天ぷらなどマスづくしです。

朝食はマスの粕漬。ふわふわのトロロに卵焼き。


素朴ですがそれぞれに手がかかっていて、美味しい。作ってくれた人に感謝したくなるような料理。久しぶりにそんなことを感じてしまいました(安いんです)。

朝食の前に散歩しようと思っていましたが、外は霜で真っ白。寒いです。迷わず朝風呂へ直行でした。


あとで調べたら、標高930mでした。暖冬で昼間はそれほどでもありませんでしたが、朝晩は気温が下がっていたみたいです。

太陽が昇れば大丈夫。川から湯気が立ち上っています。どこを取ってもきれいなところです。


そして、やっぱり富士山がどーんと。存在感が凄いです。やっぱり日本一の山です。


波乗りしているときに、いつも見ている富士山ですが次からは手を合わせてから海に入ろうと思います。


白くて細長いものも、もちろんいただきました。肉は馬肉です。


自宅から1時間ちょっとのところです。これからは富士山を見に、ちょくちょく行かせていただこうと思います。

あ、お蕎麦も美味しいですので。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!