MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
6
13
20
26 27 28 29
30
ブログ内検索
最新コメント
(06/11)
(06/10)
無題(返信済)
(06/05)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
54
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3781] [3780] [3779] [3778] [3777] [3776] [3775] [3773] [3774] [3772] [3771]
昨年末にアウトラインを試行錯誤していた、9’6”のPIGです。昨日が今年最初のシェイプルーム。シェイプがだいぶ進んでいました。

ボトムを作っていく過程がよく分かると思います。緩めですがロールを入れていただいています。50/50のレールへきれいにつながるのです。

テールはスクエアですが、角を丸めてもらっています。ここは私のこだわりというか、なんとなくというか、こういう雰囲気が好きなのです。ちなみに、ノーズライダーだったらパキッとスクエアにしてもらいます。

ここのテールエンドに、ブルーのDフィンをグラスオンします。

アウトラインはこんな感じです。スマホで見ていただいているなら、横位置で見るほうがPIGのアウトラインがよく分かるかもしれません。

画像でお伝えするのはなかなか難しいのですが、思わず嬉しくなっちゃうアウトラインです。こういうのを追い求めていたような気がします。これはショップ用のストックボードですが、ブランクスの到着を待ち中の自分のボードも、これと同じアウトラインにするつもりです。

このPIGは、幅が細めというところに特徴があります。22インチ幅です。Dフィンとフラットなロッカーには、幅細めも面白いのです。

一般的にこのくらいのレングスだと、23インチ前後の幅があることが多いですが、それを細くして、ボトムにはロールを入れて意図的に不安定な要素を盛り込もうということなのです。

ロッカーは少ないですし、フィンも大きい、おまけに重たいので、どこかに不安定さがあるとコントロール性(みたいなもの)が生まれます。ロッカーもフィンも重量もいじることができない要素ですから、それを幅に求めたわけです。

コントロール性と言っても、バシバシ動き回れるようなものではありません。

クラシックなロングボードのどっしり感を少し減らして、その減った分を乗り手がコントロールする分にまわしてみようという発想です。

実際、幅があるボードから乗り換えたときには不安定さを感じると思います。細いのでコロっとした感じがします。でもそれにはすぐ慣れて、不安定さは感じなくなって、別のものを感じるようになると思います。

それが何かは自分のボードが出来上がって、それで実際に波に乗ってみてからにしたいと思います。

私より先に体験したい方は、このボードの出来上がりをお待ちください。


明日から三連休です。お店は三日間とももちろん営業してます。BONITAフィッシュのストック、5’6”も2本出来上がっているし(明日、あらためてご紹介します)、0.5㎜ラバーのエアスキンインナーも入荷しています。BONITAの一本はクラシックな3ストリンガー。ご期待ください。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!