MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
5
12
15 19
23 24 25 26 27 28
29 30
ブログ内検索
最新コメント
読んだ結果(返信済)
(09/11)
(08/09)
(08/04)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3814] [3813] [3812] [3811] [3810] [3809] [3808] [3807] [3806] [3805] [3804]
昨日。腰くらいの波があるだろうと思ってはいましたが、ボードもウェットも持たずにリペアに出すボードだけを積み込み、車の中で聞くCDを何枚か選んで自宅を出発しました。

トム・ウェイツもいいですが、最近はこの方も良く聞いています。

曲のバリエーションが多すぎて、何を貼りつければいいのか分かりませんのライ・クーダです。

そんなのを聞きながら高速の左車線をゆったり流してリペア工場へ到着。リペアマンのジョージくんはずいぶん長い付き合いです。最近、広い敷地へ引っ越してシェイプルームも作れそうで、これからが楽しみです。

それから活さんのシェイプルームへ。葉山、逗子、鎌倉と海岸線を走ってみます。前日に入ったポイントは予想通りにロングボードで滑りたくなる、コンパクトできれいなブレイク。

きれいな波と、それを気持ちよさそうに滑っているサーファーをおだやかな気持ちでながめていられるのは、身体のあちこちに残っているカレントと戦った疲労感がもたらす満足感(みたいな)。

それに、今入っても身体はイメージした半分も動いてくれないと分かってます。故に道具は最初から持ってこなかったのです。つまり早い話が、お歳のせい 笑。以前だったら、とってもじゃありませんが、穏やかじゃいられませんもの。

こういうのも意外といいものだと思うようになったこの頃ですが、次はやりますので。

活さんは変わらずキープシェイピン。


サーフボードの話をしていると、ハレイワで波乗りしていたときにマーク・リチャーズが乗っていたボードはリノ・アベリラのシェイプだったよーなどと、普通のことのように飛び出してくるすごい話は、私が本やインターネットで学んだ知識や歴史を裏付けてくれような話です。

活さんは実地でそれを見て、同じ波でサーフィンをしていたのです。活さんがシェイプするサーフボードが、他と違って見えるのはシェイプと一緒にそんな経験が詰まっているからではないかとも思います。

実際に乗っていて調子がいいというのはもちろんのことです。

先日使った6’9”のプリモ。片づけるときにぶつけてしまったテールを修理しました。地面にゴツッとやってしまったのですが、太いストリンガーのおかげなのか、エッジが少し欠けただけで済みました。

とりあえず樹脂で形を作ってあげましたが、折を見てプロに直してもらいます。

シングルフィンは昔から好きです。中でもこのプリモは特に好きな板です。

6~8フィート代で長さはいろいろ乗っていますが、根がロンガーの私はそろそろ8フィートくらいがお喜楽に楽しめていいんじゃないかと最近強く思うようになったのは、やっぱりお歳 笑。

このレールが柔らかく波に入っていってくれ、コンケーブの中を水が流れていくのです。レールの形とボトムの曲面を触って確かめるのが好きです。


テールの作り方の理屈は、活さんならではです。実際のところ、波の上ではとても機能的に働いてくれるテールまわりだと思います。


新しく8フィートもできあがってくると思います。波が立ったらプリモならではの感触を楽しみながら乗ってあげようと思います。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!