MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
20 22
26 27 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[3872] [3871] [3870] [3869] [3868] [3867] [3866] [3865] [3864] [3863] [3862]
AZS

オーダーいただいていたウェットスーツが出来上がってきました。ロゴは入っていませんが、STEAMERサーフスーツのロングジョンとジャケットのセットアップです。ジャケットを2ミリにして、トランクスとの組み合わせでも使いやすいようにしました。

湘南だったら、天気がいい日ならロングジョンだけでそろそろ大丈夫です。朝一はジャケットを着て、太陽が高くなって暑くなってきたらジャケットを脱いでロングジョンで、という使い方です。梅雨に入ったらまた重ね着です。

このセットアップは、90年代のクラシックボードのリバイバルと同時に復活してきたスタイルです。ビーバーテールをヒラヒラさせてログに乗るのがクールでした。いまだったら、70年代調のシングルフィンやハル、ミッドレングスなんかにも合いそうです(3ミリフルスーツも同価格です)

価格は抑えめですが生地は有名メーカーと同等のものを使っています。柔らかいだけでなく、伸びたものはしっかり戻ります。加えて脱ぎやすさも備えています。真冬の気温が低い時期に使うウェットほど、防水性や運動性にシビアなものを求める必要もない時期のウェットは、コスパ重視でいくのも合理的だと思います。

先日はAXXE CLASSICのオートジップフルスーツでやってました。気温が上がってきても暑くもなく、寒くもなくという感じで快適に波乗りできました(オール2ミリ 裏ジャージです)


2ミリ厚なので動きやすいのは当たり前ですが、防水性の高さには驚きました。ロングボードと6.8のシングルでコシサイズの波に3時間ほど入っていて、浸水を感じたのは最初だけでした。それも、首のフラップを固定する位置を調節したら、それもなくなりました。

バックジップで首から水が入らないのはスゴイと思います。着替えてチェックしてみましたが、上半身は濡れていない部分がかなりありました。

首の締め付け感はありません。首の後部の疲労感に関しては、ジッパーレスのウェットとほとんど変わらないと思います。軽くて柔らかいジッパーも然りで、ウェットを着ていることを忘れられるフルスーツです。

ジッパーからの浸水をシャットアウトするバリアネックは、着るときに内側へ入ってしまったり、着たら着たで今度は波乗りしているうちに首の部分からはみ出してきたりと、何かと邪魔な存在だったのですが、オートジップシステムとこの新しい首回りの作りは、それらをすべて解消してしまいました。

AZS(オートジップシステム)、これから活躍してくれると思います。


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
Visitor Map
Create your own visitor map!