MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 6 8
11 13
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
最新コメント
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
(11/30)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[544] [542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533]
今朝まだ薄暗い時間ベッドの中で急に目が覚めました。夢を見ていました。ジョージ・グリノーがVELOと呼ばれているニーボードに乗って波を滑っているのを海中からずっと見ていました。フレックスする丸いレールのニーボードがなめらかに海面を滑って行くのを追いかけて眺めている夢です。フレックスフィンがしなって丸いレールへつながるボトムがスピードを付けてターンしていく光景が目覚めた頭の中に妙にリアルに残っていました。

こんな夢を見るようになったら病気です(笑)

たぶん、ボトムの形とレールの形のどんな組み合わせで効率よくスピードを出せるボードが出来上がるのかずーっと考えていたせいです。たとえばボリュームがあるクラシカルなダウンレールにフラットなボトム。ボトムとレールの境には必然的に出っ張りができます。レールにはボリュームがあるので波にレールを入れていくと反発力がスピードに変わるはず。それにフラットなボトム。それともレールがひっかからないようにグリノーのニーボードのように丸いボトムの方が速いのか?実際映像で見るグリノーのライディングはすごいスピードです。

製作中の5フィンはコンケーブボトムに引っ掛かりがあるダウンレール。カツさんはおそらくサイドフィンの周辺のレールだけは丸めにシェイプするはずです。スピードが出るシェイプだと思いますがシングルフィンのディスプレイスメントハルも速い(らしい)。ハルは丸いボトムに薄いレール、テールのほうには確かエッジが付いていたように記憶していますが、それもまた速い(らしい)。いったいどのデザインが一番速いのか?フィッシュシモンも間違いなく速いデザインだと思いますし、ソープスリッパーは確かに速い。新しいデザインが作れないかと、いろんなボトム形状とレール、フィンを組み合わせて想像の中で滑走させています。

アイデアがまとまれば、実際に作って試してみようと思っています。もしかするとソープスリッパーのときのようになにか新しいものが作れるかもしれません。でも新しいサーファージャーナルに出ていたリチャードケンヴィンさんが抱えていたフィッシュ。あの形でも大丈夫なのか?サーフボードは面白いです。

次の波は水曜日?波乗りしたいです。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!