MENEHUNE BEACH STORE 店主のブログ
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
2 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
ニーボード(返信済)
(03/20)
お大事に(返信済)
(01/09)
無題(返信済)
(12/01)
プロフィール
HN:
menehune
年齢:
55
性別:
男性
誕生日:
1964/09/15
職業:
サーフショップやってます
趣味:
ランニング、作文、お絵かき、料理、丸太切り、丸太割り、波乗り
自己紹介:
2001年のオープン以来、ロングボードをベースに、フィッシュ、ボンザー、シングルフィン、ニーボード、パイポとさまざまな種類のサーフボードを作り、試してきました。
 気が付けば50歳もなかばに近づきつつありますが、浮力を頼りにしながらもカラダもキープして、人生の荒波にチャージしていきたいと思っています。
 2006年に始めたこのブログ、サーフィンの他にランニングなどのフィットネスや食べ物、フツーの普段の生活のことなども綴っていきたいと思います。
バーコード
カウンター
[551] [550] [549] [548] [547] [545] [544] [542] [541] [540] [539]
昨日、一昨日は急にお休みをしてしまってどうもすいませんでした。
急に亡くなった女房のおばあちゃんのお通夜とお葬式のために千葉へ行っていました。前の晩に夜通しおしゃべりして楽しんで、翌日寝たまま亡くなったそうです。享年97歳。亡くなったのは悲しいことなのですが、97歳まで長生きして亡くなる直前まで元気で騒いで自宅で寝たまま…というのは人の亡くなり方としては幸せと言ってもいいのじゃないかと思いました。パチンコ好きな豪快で面倒見が良いおばあちゃんだったそうです。遺影もとてもいいお顔でした。

歳を取ってくるとそういう場面に出会うことも増えてくるものです。来月が七回忌の自分の親父の最期も私が一人で看取ったことを思い出しました。火葬場で棺が炉の中に入れられる瞬間、人間という形あるものが現世から無くなってしまうとても悲しい瞬間なのですが、あのときのなんとも言えない独特の感覚は何度経験しても慣れることはありません。

親父のことを思い出したのは新しく届いたNALUのせいです。短髪のバテンス・カラヒオカラニ、親父にそっくり(笑)子供の頃、親父にほお擦りしたときのあごひげのザラザラした感触まで思い出しちゃいました。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
私も先日、11日、12日と親戚の、お通夜、告別式
でした。千葉の富津です。先日見舞いに行った時
は、元気でしたが・・・
伯父さんの分も、がんばって
生きていこうと誓いました。69歳でした!
早すぎる。思いっきり泣きました。


ひろゆき 2008/02/19(Tue)10:07:18 [編集]
無題
命があるから失われる、悲しいですが事実です。仕事、波乗り、毎日を、すべてのものを大事にしなくちゃいけないんだと思います。
menehune 2008/02/20(Wed)15:51:39 [編集]
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Visitor Map
Create your own visitor map!